このサイトについて

このサイトは、起業したい方、既に起業したけど会社設立まで一歩踏み込めない方を応援するために税理士が運営するサイトです。

世の中には多くの情報が出回っていますが、怪しいコンサルタントが発信した情報であったり、誤った情報が散見しています。

このサイトは税理士が運営しており、また、既に先を走っている先輩経営者、個人事業主の声も入れていく予定です。

もちろん、わたし自身税理士業務も請け負っていますし、何をだれに相談したら良いかわからない、そんな方については司法書士や弁護士、社労士、行政書士など、各専門家をご紹介いたします。

努力を尽くしたうえでビジネスに行き詰まったら、悩み解決の糸口になる。先輩経営者や専門家にお力添えいただける、そんなサイトを目指しています。

まずはこのサイトで悩みを解決してください。そして、困ったことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

会社設立サポートや所得税、法人税の申告も受けていますので、ご依頼ください!

 

新着記事

no image

法人設立

2021/6/3

売上(年商)5,000万円超は税金が増える!起業に強い税理士が解説

売上が5,000万円を超えると、税金の支払いが大幅に増える場合があります。 「売上(年商)1,000万円を超えると消費税課税:起業に強い税理士が解説」の記事で、税務上の留意点の一つとして売上高1,000万円の壁をご紹介しました。 「1,000万円の壁」とは、2年前の課税売上高(消費税がかかる売上)が1,000万円以下の場合は消費税を国に支払う必要が無く、税込108円で商品を売ったら108円が利益になる一方、2年前の課税売上高が1,000万円超の場合は消費税8円を国に支払う必要があり、100円しか利益になら ...

ReadMore

no image

法人設立

2021/6/3

売上(年商)1,000万円を超えると消費税課税:起業に強い税理士が解説

売上1,000万円を超えたら、たくさん税金とられます。 事業を行う際、税務上気を付けなければならないことの一つに売上高1,000万円の壁というものがあります。 売上高1,000万円の壁は通常超えていくべきものですが、中には超えない方が良い場合もあります。 この記事では、税理士の坂根が、売上高1,000万円の壁を超えることで税務上どのような影響が出るのか、解説します。 消費税で失敗しないために、ぜひ最後までご覧ください。 売上高(年商)1,000万円の壁(消費税) 一般的な事業(販売業やサービス業など)を行 ...

ReadMore

no image

起業

2021/6/3

決算書の種類や作成目的など、起業・会社設立に強い税理士が解説

法人の決算書は毎年少なくとも1回は作成しなければなりませんが、実際は年に1回どころか、自主的に毎月決算書を作成している会社が殆どです。 この記事では、以下の2つについて税理士が解説します。 「決算書」とは何か、決算書を作成しないといけない理由 経営判断のための決算書と確定申告のための決算書は別物   決算書とは何か、決算書をなぜ作成しなければいけないか 決算書の作成理由については以下の記事で解説しています。初心者の方はこちらをご覧ください。 初心者必見!決算書はなぜ作成するの?起業・会社設立に強 ...

ReadMore

no image

法人設立

2021/6/3

起業直後の会社の役員の給料はいくらが良い?起業に強い税理士が解説

給料、いくらにすればいいのか悩みますよね。 会社経営を始めてすぐの場合、自分自身を含めた役員の給料をいくらにすれば良いのか困ってしまう方は多いです。 役員の給料をいくらにするべきか明確な判断基準はありませんが、役員の給料の参考指標をご紹介します。 役員の給料0円(無償奉仕)の選択肢もアリ 役員の給料0円も選択肢としてアリ 役員の給料が0円。完全にタダ働き。まるでブラック企業ですね。 しかしながら、株式会社と役員の関係は”委任”と会社法で規定されており、原則として”委任者に対して報酬を請求することができない ...

ReadMore

no image

法人設立

2021/6/3

社長の賞与(ボーナス)を経費にする方法を起業に強い税理士が解説

社長に支払う賞与、基本的には経費になりません。 社長を含む役員に対する給料は、原則として1年間毎月同額を支払わないと、一部経費として認められません。 また、それは毎月の給料に限った話ではなく、賞与(ボーナス)についても同様です。 役員に支給する賞与は、原則として経費になりません。 この記事では、法人税における役員給与と役員賞与の取り扱いを解説します。   役員の賞与は、原則として経費にならない 今年は利益が出たから自分(社長)に賞与を支給する。このような賞与は会社経費として認められていません。 ...

ReadMore

 

© 2021 起業・会社設立 税理士メディア