創業融資サポート

ビジネスを始めたいけどお金が足りない!そんなお悩みはありませんか?

 

「これから独立開業するけど、自己資金が300万円しかないので銀行に行って融資を申し込もう!」

結果、この方の融資は否決でした(お金を借りられませんでした)。

 

こういった方は少なくありません。

ご自身で融資を申し込んだ場合、次のような理由があるので融資審査が厳しくなるからです。

  • 一見さん(面識なく訪れた人)は銀行からすれば非常に不安
  • シロウトが一人で書いた事業計画書は、単なる「自己満足」と言われてしまう

 

もし融資がおりなかった場合、まともにビジネスをスタートさせることが難しくなってしまいます。

 

起業家応援!創業融資サポートを行っています

弊社は起業家を応援するため、創業融資のサポートを行っております。

 

 融資のサポートは着手金なし、完全成功報酬制で、融資額の3%+税(下限10万円+税)で対応いたします。

 

融資は一度失敗した場合、最低でも半年間は再度融資を受けることができません。

そのため、我々はじっくりと時間をかけ、戦略的に融資を勝ち取ります!  

 

なお、弊社は中小企業等経営強化法に基づく「経営革新等支援機関」として経済産業省の認定を受けています。

「経営革新等支援機関」とは、「専門的知識を有し、一定の実務経験を持つ支援機関を国が審査し、認定している機関です。

我々は、経済産業省からも、その高い実務能力を認められております。

融資を勝ち取るためのノウハウがありますので、高い確率で融資を受けることができます。

  自分で融資を申し込んだ場合 弊社に依頼した場合
融資に通る確率 低い 高い(2020年、融資通過率100%
融資を受けられる額 低い 高い(2020年、1,000万円の獲得実績あり)
利率 高い 低い(経営革新等支援機関の助言を受ける制度の融資の場合、利率が下がります)

ご自身で融資を申し込んだ場合、一見さん(面識なく訪れた人)は銀行からすれば非常に不安です。

なぜなら、貸したお金が返ってくるかどうか、全く見当がつかないからです。

しかし、我々に依頼いただいた場合、銀行の融資担当者とのつながりがあるため、事前にすり合わせを行ったうえで戦略を練り、融資の通過率を押し上げることができます。

 また、融資の面談時は経験豊富な税理士が同席することも可能です。

1人で受け答えできるか不安な場合であっても、1度しかない融資審査に安心してのぞむことができます。

お客様の声

KEISUKE IWAMOTO様

林 龍男様

橋上 茂様

8 7様

Chizuru Okayasu様

合同会社ノウノ 今野 涼 様

EXIT 野田真一 様

Google Mapの口コミなど、検索していただければ他の方の声も読むことができます。

すべての方の声を掲載したいのですが、メールでいただいた感謝のお言葉など、ここには掲載しきれないほど、多くの感謝の声をいただいております。

依頼して、絶対に後悔はありません。

だれが対応してくれるの?

税理士の坂根・河野の2人で対応いたします。

坂根 崇真(さかね たくま)

【肩書】
一般社団法人 全国第三者承継推進協会 理事
ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士
その他、株式会社 代表取締役
【メディア実績】 Yahoo!ニュース、livedoor ニュース、Smart News、幻冬舎GOLD ONLINE ほか
【著書】 相続実務のツボとコツがゼッタイにわかる本(出版社:秀和システム)
ランキング部門 ランキング(2021年3月時点)
Yahooブックス くらしの法律の本 1位
Amazon 遺言・相続・贈与 2位
【メディア運営等】 税理士による相続メディア:あんしん相続税 などを運営(合計:月間10万PV) Twitter 1万フォロワー(2020年7月31日時点)
【経歴等】 業界最大手のデロイトトーマツ税理士法人の出身であり、売上高数千億円規模の外資系企業の申告や、個人資産百億円規模の方の税務相談経験も多数あり、創業から上場まで対応が可能。
河野 大佑(こうの だいすけ)
【肩書】 一般社団法人 全国第三者承継推進協会 理事
ブラッシュメーカー株式会社 代表取締役
ブラッシュメーカー会計事務所 代表・税理士
【セミナー実績】起業成功の絶対法則を学ぶ4時間(株式会社ウェイビー主催)
【その他】税理士事務所向け商品:01顧問クラウドの開発責任者
【経歴等】 士業など専門家1,500人以上の団体の理事に就任している。税理士法人古田土会計、国内最大手の税理士法人であるデロイトトーマツ税理士法人を経てブラッシュメーカー会計事務所を創業。 中小企業・上場準備を行なっている会社から上場企業まで、あらゆるフェーズの会社に対して会計や税務相談・申告書作成などの業務を提供してきた経験を有する。

また、以前、弊社の税理士2人(動画内ではマーケターとなっています)と提携している行政書士の3人でご相談を受けた際の動画があります。

1時間半ぐらいの長時間の相談でしたが、数分程度にぎゅっと詰まっています。我々がどんな人なのか、一歩踏み出せない方は、雰囲気など参考にご覧ください。

 

創業融資サポートの申し込みの流れ

  1. 以下のお問い合わせフォームから、ご希望の相談日時などをご記入ください
  2. 弊社から、対応可能日時、相談当日に必要な書類や地図情報などの情報をご連絡いたします。 また、オンラインミーティングの場合、弊社からオンラインミーティング用のURLを送信いたします
  3. ご相談の当日、神田事務所もしくはオンラインミーティングでご相談にのります
  4. 契約締結後、融資審査に必要な書類などをご連絡いたします
  5. 融資の申し込みを行います
  6. 融資面談を受けます(1都3県の方であれば税理士の同席が可能です)
  7. 融資が可決の場合、着金時に報酬をお支払いいただきます

 

創業融資サポートQ&A

融資に失敗した場合、本当に料金はお支払いしなくても良いのですか?

はい、融資に失敗した場合は着手金含め、1円もお支払いいただく必要はありません。

我々は融資獲得に自信を持っているため、融資獲得に成功した場合のみ、サポート費用をちょうだいしております。

融資について何もわからないんですが

融資の知識をきちんとご説明しますのでご安心ください。

しっかりと時間をとってアドバイスいたします。

 

いくらぐらい借りられますか?

業種や今までのご自身の経験などによって異なりますが、一般的には自己資金の3倍までと言われています。

ただし、融資額は500万円程度に落ち着くことが多いです。

お金はあるけど借りておいた方が良いですか?

お金があっても、なるべく借りておいた方が良いです。

創業初期は特に、仕入れや外注費など、支払いが先行する時期もありますので、どんどんお金が減っていきます。

また、自分の生活もありますので、会社で使うお金と自己資金はわけておくためにも良いでしょう。

もし本当に使わない場合であっても、コロナショックのように、経営ではいつ何が起こるかわかりません。

いざという時に安心できる保証料として、お金を借りておき、借入資金を寝かせておくのも良いでしょう。

融資を返済できなくなったらどうしよう

基本的には、会社の連帯保証がつかない融資のサポートを行っております。 そのため、万が一のときも安心です。

また、きちんと返済できるよう、我々も会社の成長をサポートしていく仕組みが整っておりますので、ぜひ一緒に成長していきましょう。

相談場所はどちらですか?

ご相談は原則として次のどちらかで承ります。

  1. 対面相談:東京 神田駅から徒歩2分のブラッシュメーカー会計事務所
  2. オンラインミーティング(Zoom等。設定方法等はご案内いたします)

弊社は東京の神田にあります。

そのため、原則として1都3県の方をメインに対応しておりますが、オンラインミーティング、もしくは日当をいただければ47都道府県、全国どこからでもご相談可能です。

九州にお住まいの方や、海外にお住まいの方からご相談いただくこともありますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

【ブラッシュメーカー会計事務所】

〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町28番地 紺屋ビル302 電車でお越しの場合 :JR神田駅から徒歩2分

 

創業融資を確実に受けよう!

創業融資を我々に依頼いただくと、融資の成功率が大きく上がります。

お申込みの方は以下のお問合せフォームに、次の内容をご記入ください。

①相談内容:

<例>

  • 創業融資のサポートをお願いいたします。
  • 創業融資を受けたいですが、まず何から準備したら良いのかわかりません。

②相談希望日時:

第一希望 〇月✕日 〇時

第二希望 〇月✕日 〇時

第三希望 〇月✕日 〇時

※夜遅くや、土日対応可能

※写真:ブラッシュメーカー会計事務所(東京 神田駅から徒歩2分)

税理士には守秘義務があるため、ご相談いただいた内容は一切外部には漏らしませんのでご安心ください。

融資を受けるためには、しっかりと時間をとり、戦略を練ることが重要です。

そのため、早めにご相談いただいた方が有利です。

1人で悩まず、ぜひ今すぐお問い合わせください!

<創業融資お問い合わせフォーム>

    相談の種類

    ※依頼前提でない場合も、相談料は成約時に税理士報酬等から差し引きますので実質無料です。安心してご相談ください。

    相談方法

    © 2021 起業・会社設立 税理士メディア