今会社を立ち上げるなら株式会社がおすすめの3つの理由

悩んでいる人
悩んでいる人

今会社を立ち上げるなら、株式会社か合同会社かどちらが良いのでしょうか

迷ったら株式会社をおすすめします。

この記事では、年間400件以上の起業家から相談を受ける秋田県会社設立0円サポート税理士 坂根が解説します。

合同会社でなく、株式会社をおすすめする理由の一例

  1. 代表取締役の肩書が手に入るから
  2. 合同会社の知名度はまだまだ低いから
  3. 貧乏と思われやすいから

\年間400件以上のお問い合わせ/

秋田県会社設立サポート - 秋田市の税理士

\会社設立サポート0円キャンペーン/

月3社限定。会社設立のサポートを0円でサポート、実費のみでOK!専門家に相談+書類作成の代行で、安心して会社設立。

(※会社設立サポート0円キャンペーンは秋田税理士事務所との税務顧問契約が条件です。赤字のため、予告なく打ち切る可能性がありますのでお急ぎください。)

今すぐ会社設立を依頼する

今会社を立ち上げるなら株式会社がおすすめな3つの理由

悩んでいる人
悩んでいる人

なぜ、今会社を立ち上げるなら株式会社の方が良いのでしょうか

代表的な理由としては次の3つが挙げられます。

  1. 代表取締役の肩書が手に入るから
  2. 合同会社の知名度はまだまだ低いから
  3. 貧乏と思われやすいから

代表取締役の肩書が手に入るから

株式会社を設立した場合、代表取締役の肩書が手に入ります。一方、合同会社の場合は代表取締役という言葉は無く、「代表社員」となります。

「社員」というと、一般的なビジネス用語としては「従業員」の意味として浸透しています。そのため、代表社員は単なる「従業員の代表」であり、会社のトップの人だと認識されないケースが多いです。

そのため、迷ったら合同会社ではなく株式会社を設立することをおすすめします。

合同会社の知名度はまだまだ低いから

一般的に「会社」と言えば株式会社です。

合同会社の設立は近年増えてきていますが、「合同会社?何それ」と思われているのがまだまだ現実です。

銀行員など、普段から会社と接するような仕事をしている方であっても合同会社の存在を知らない方もたまにいるくらい、まだまだ合同会社の知名度は低いです。そのため、歴史ある企業等と取引する際、「え?合同会社?何それ」となり、信用度が若干下がる場合があります。

このように、株式会社の方が信用性が高いため、ビジネスにおいて有利に働く場合があります。

ビジネスで不利にならないよう、迷ったら株式会社を設立しましょう。

貧乏と思われやすいから

合同会社を設立する場合、「この人貧乏なんだな」と思われてしまうことがあります。

会社を設立する際、登録免許税・定款認証手数料が安いからという理由で株式会社ではなく合同会社を設立するパターンは確かに多くあります。

しかし、たかが15万円程度の差です。

会社としてやっていくのに「たった15万円でケチるような貧乏人」と思われるのはかなりのマイナスです。

そのため、迷ったら株式会社の設立をおすすめします。

今会社を立ち上げるなら「秋田税理士事務所」に依頼しよう

近年、日本でも起業する人が増えています。従来からある店舗や工場が必須のビジネスだけでなく、SNSやWebから集客して自宅開業する人も多くいます。起業することで、収入の向上も見込めますし、やりたいことをやることができます。

今会社を立ち上げようと考えている方は秋田県秋田市の秋田税理士事務所がおすすめです。秋田税理士事務所は会社設立サポート、創業融資サポートなど起業支援専門のため、あなたのビジネス成功を後押しします。

\年間400件以上のお問い合わせ/

秋田県会社設立サポート - 秋田市の税理士

\会社設立サポート0円キャンペーン/

月3社限定。会社設立のサポートを0円でサポート、実費のみでOK!専門家に相談+書類作成の代行で、安心して会社設立。

(※会社設立サポート0円キャンペーンは秋田税理士事務所との税務顧問契約が条件です。赤字のため、予告なく打ち切る可能性がありますのでお急ぎください。)

今すぐ会社設立を依頼する

関連記事

  1. フランチャイズ(FC)起業を秋田でおすすめしない7つの理由
  2. 「freeeを使えば税理士はいらない」が嘘である7つの理由
  3. 秋田県で会社設立、創業融資相談なら秋田税理士事務所
  4. 秋田税理士事務所の費用とサービス内容
  5. 【会計入力不要】秋田県で顧問契約するなら秋田税理士事務所
  6. 法人化の利益目安が1,000万円である理由を税理士が解説
  7. 会社設立時、資本金の出資比率は100%がベスト
  8. 訪問看護の開業で失敗する4つの理由を秋田市の税理士が解説

最近の記事

PAGE TOP