秋田県の起業で成功するための2つのポイントを税理士が解説

悩んでいる人
悩んでいる人

秋田県で起業したいのですが、ポイントを教えて頂けないでしょうか

特にマーケティング戦略をしっかり考えることが重要です。また、できる限り融資を受けておくのが良いでしょう。

この記事では、年間400件以上の起業家から問い合わせを受ける秋田県会社設立0円サポート税理士 坂根が解説します。

会社の設立は秋田県秋田市の秋田税理士事務所がサポートします。手続きは専門家に依頼し、自身は早く売上をあげることに注力しましょう。

\年間400件以上のお問い合わせ/

秋田県会社設立サポート - 秋田市の税理士

\会社設立サポート0円キャンペーン/

月3社限定。会社設立のサポートを0円でサポート、実費のみでOK!専門家に相談+書類作成の代行で、安心して会社設立。

(※会社設立サポート0円キャンペーンは秋田税理士事務所との税務顧問契約が条件です。赤字のため、予告なく打ち切る可能性がありますのでお急ぎください。)

今すぐ会社設立を依頼する

秋田での起業を成功させるためのマーケティング戦略

東京ではマーケティング戦略を考えるのが当たり前ですが、特に地方ビジネスにおいては、マーケティングを考えていない方(そこまで考える余裕がない方)が多いので、これらを行うことで差別化が容易になります。

起業の成功確率を上げたいのであれば、マーケティング戦略は必須です。

マーケティング戦略とは

マーケティング戦略とは、その企業が属する地域の特徴や顧客の傾向を考慮した上で、効果的なマーケティング手法を用いることです。

  • 誰に対して販売するのか
  • 誰が欲しい商品やサービスなのか
  • どのように販売するのか

こういったことを検討します。

たとえば、秋田では畜産業が盛んという特徴があります。そのため、畜産業関連の製品やサービスを提供する企業を立ち上げる場合、畜産業界に特化したマーケティング戦略を採用することが有効です。

その一例として、畜産業界向けの専門誌やWebサイトでの広告掲載や、畜産業界で開催される展示会やセミナーに出展することで、畜産業界のお客さまとの交流を深めることができます。

また、秋田では地元の特産品が人気です。そのため、地元の特産品を使った製品やサービスを提供する企業は、地元の観光客や在住のお客さまにとって魅力的であると考えられます。

また、今の時代はインターネットを通じた購入や予約が普及しているため、秋田に興味を持つ人に対して全国に販売するオンラインマーケティングの手法も有効です。たとえば、TwitterやInstagramといったSNSや検索エンジン広告を活用して、オンライン上で販売することが可能です。

もちろん、オンラインで販売する場合においても、誰に対して販売するのかは明確にしないと刺さりませんので、誰が欲しい商品なのか、誰に対して販売するのかを明確にすることが重要です。

マーケティングプロセスの理解

マーケティングのプロセスには、計画、実施、評価の3つのステップがあります。

  1. 計画:マーケティングの計画では、自社の製品やサービスをどのように市場にアピールするかを考えます。また、市場のニーズや競合企業の状況を分析することで、差別化するポイントを把握します。
  2. 実施:計画をもとに、実際にマーケティングを実施します。この段階では、広告やプロモーションを行います。また、商品やサービスを提供する場を選定し、商品やサービスを提供するための店舗やWebサイトを運営します。
  3. 評価:マーケティングを実施した結果を評価します。お客様からのフィードバックや、売上や利益の推移などをもとに、マーケティングが望んだ効果を得られたかを判断します。また、実施したマーケティングの成果をもとに、改善点や次回のマーケティングの計画を立てます。

これらを行うことによって、起業の成功率を上げていきます。

マーケティングリサーチの方法

マーケティングリサーチとは、市場や顧客を対象に、市場のニーズや顧客の動向を調査することを指します。

調査方法の一例を紹介します。

  • インターネットリサーチ:インターネットを使用して、市場や顧客に関する情報を収集する方法です。データが古い場合もありますが、インターネット上には各種のデータや情報が公開されているため、インターネットリサーチは、情報収集をする上で効率的な方法です。
  • アンケート調査:アンケートを使用して、市場や顧客に関する情報を収集する方法です。アンケートを配布し、回収することで市場や顧客に関する情報を収集することができます。
  • 電話インタビュー:電話を使用して、市場や顧客に関する情報を収集する方法です。電話インタビューでは、電話を使用して市場や顧客に関する情報を収集することができます。

マーケティングリサーチを行うことで、市場や顧客に関する情報を収集することができるため、効果的な広告手段等を選択することができます。

秋田の起業で成功するためのブランド構築

「ブランド」は、よほどのレベルが無い限り効果は薄いと考えられています。

それよりは商品やサービスの内容が求められるからです。

しかし、ブランドを構築することで、企業や製品、サービスを識別することができるようになるため、顧客にとっての魅力を高めることができるのも事実です。

ここでは、ブランドを構築するための戦略の一例を紹介します。

  • ブランドアイデンティティを決める
  • ブランドストーリーを作成する
  • ブランドプロモーションを実施する
  • ブランドマネジメントを行う

ブランドアイデンティティを決める

ブランドアイデンティティとは、企業や製品、サービスを識別するためのものです。これにより、顧客にとっての魅力を高めることができます。

ブランドストーリーを作成する

ブランドストーリーとは、企業や製品、サービスの背景や特徴を伝えることです。

ブランドプロモーションを実施する

ブランドプロモーションとは、企業や製品、サービスを広く知ってもらうことです。

ブランドマネジメントを行う

ブランドマネジメントとは、企業や製品、サービスのブランドを構築することです。

ブランドの構築は起業したばかりの段階では優先度が低いですが、ブランドを構築することができれば、企業や製品、サービスを識別することができるようになるため、顧客にとっての魅力を高めることができます。

これらは、マーケティング戦略の一環として考えるのが良いでしょう。

秋田県の起業をサポートする団体や施設

これらの施設では、起業をしたい人向けのセミナー等を行っています。ただし、現実問題として、そこまで多くの有益な情報が手に入るわけではないと考える方も多いです。

秋田県商工会議所

商工会議所に起業家が加盟することで、次のようなメリットがあります。

ビジネスのアイデアを広めることができる

商工会には多数の経営者が加盟しており、その中には、同じ業界に携わる人や、異なる業界の経営者がいます。これらの人々と交流をすることで、新しいアイデアを得ることができたり、自身のビジネスを知ってもらうチャンスがうまれます。

情報を得ることができる

商工会議所では、セミナーやイベントが定期的に開催されています。これらを通じて、経営に役立つ知識やノウハウを得ることができます。

ただし、売り込みの場ではありませんし、飲み会ばかり参加して自身のビジネスが疎かになってしまう可能性もあります。最初の仲間づくり等には良いですが、加盟する場合は目的をもって加盟しましょう。

秋田での起業を成功させるための融資

起業時にはなるべく融資を受けておきましょう。

起業すれば会社のお金だけでなく、生活費も当然毎月かかります。

自己資金に余裕があっても融資を受けておくことをおすすめします。

秋田での起業を成功させるための融資先の選び方は、自身のビジネスプランやニーズに合った融資先を選ぶことが重要です。

融資先としては銀行や信用金庫、日本政策金融公庫などがあり、それぞれ融資条件などが異なります。

ただし、融資先を検討する際には金利も確かに重要ですが、そもそも貸してくれるかどうかが重要です。

お金を出してもらうのですから、見ず知らずの人には貸してくれないのが普通です。

たとえば、みずほ銀行や三菱UFJ銀行といったメガバンクは起業したばかりの人には融資をしてくれませんので、これらの銀行と最初から付き合うのは避けたいです。

なお、最近では保証人や担保が不要な融資制度もありますが、こういった制度を活用し、500万円から1,000万円程度融資を受けておくのが良いでしょう。

融資を受けることで得られるメリット

融資を受けることで得られるメリットの一例を紹介します。

  • 自己資金の不足を補える
  • 事業の拡大をしやすくなる

自己資金の不足を補える

融資を受けることで、起業や事業を開始するために必要な資金を確保することができるため、起業や事業を開始するハードルを下げることができます。自己資金に余裕があっても、お金を借りられるうちに借りておき、手を付けずに保険として残しておくのも良いでしょう。

また、融資を受けることで、自身の資金を全額投入しなくても事業を開始することができるため、生活費分を確保しやすくなります。

事業の拡大をしやすくなる

融資を受けることで新しい事業を開始するための資金を調達することができるため、事業を拡大しやすくなります。

秋田での起業をする前に知っておくべき法的手続き

秋田で起業をする上で必要な法的手続きの一例を紹介します。

事業の種類に応じた届出の手続き

起業する事業の種類によっては、届出の手続きが必要です。たとえば、飲食店を開く場合は、飲食店営業許可を受ける必要があります。

事業所の確保や法人登記の手続き

法人として起業する場合は、法人設立登記の手続きが必要です。弊社では、法人設立手続きのサポートを行っています。

税務署や年金事務所への手続き

会社を設立した場合、税務署や年金事務所に、会社を設立したことを知らせたり、届出が必要です。

起業を検討している方は、起業する事業の種類や形態に応じて、上記のような法的手続きが必要です。起業を検討している方は、商工会議所などで情報を集めるのも有効ではありますが、税理士などの専門家に相談、依頼することでより具体的なアドバイスを受けることができます。

秋田の起業家が実践するべきセルフマネジメント

起業家が自分自身をより効率的かつ有意義にマネジメント(セルフマネジメント)することで、起業する事業の成功につながる可能性があります。以下に、セルフマネジメントの一例を紹介します。

目標を設定する

目標を設定することで、起業する事業の方向性を確認することができ、より効率的かつ有意義に事業をすすめることができます。

タスクを管理する

タスクを管理することで、起業する事業でやるべきことを明確にすることができ、より効率的かつ有意義にマネジメントすることができます。

自己研鑽をする

自己研鑽をすることで、自分自身のスキルや知識を向上させることができます。

ほとんどの人が完璧に実践することはむずかしいですが、自分自身をきちんとマネジメントすることで、事業の成功に近づきます。

秋田での起業をする際のタイミング

起業をする前に、次の状況を確認してから起業するケースが多いです。

  • 市場のニーズを事前に確認する
  • 資金や人材を調達しやすい状況か確認する
  • 競合企業の状況を確認する

もちろん、これらは確認して当然ですが、基本的には起業したいと考えたときが起業するタイミングです。私自身、独立開業時は27歳でしたが、早く独立して良かったと考えています。時は待ってくれません。

成功したいのであれば、早く行動に移すことをおすすめします。

会社の設立は秋田県秋田市の秋田税理士事務所がサポートします。手続きは専門家に依頼し、自身は早く売上をあげることに注力しましょう。

\年間400件以上のお問い合わせ/

秋田県会社設立サポート - 秋田市の税理士

\会社設立サポート0円キャンペーン/

月3社限定。会社設立のサポートを0円でサポート、実費のみでOK!専門家に相談+書類作成の代行で、安心して会社設立。

(※会社設立サポート0円キャンペーンは秋田税理士事務所との税務顧問契約が条件です。赤字のため、予告なく打ち切る可能性がありますのでお急ぎください。)

今すぐ会社設立を依頼する

関連記事

  1. 秋田税理士事務所の費用とサービス内容
  2. 会社設立初心者におすすめの本5選を秋田市の税理士が紹介
  3. すごいけど、資本金1億円を超えるデメリット:新宿の税理士が解説
  4. 株式会社の設立で決算期はいつがベスト?秋田市の税理士が解説
  5. 合同会社の税金:東京千代田区神田の税理士が解説 合同会社は税金が安い?どんな税金がかかるか東京新宿の税理士が解説…
  6. 新宿税理士事務所_会社設立サポート 専門家手数料0円!新宿税理士事務所の会社設立サポート
  7. 【女性スタッフ対応】秋田県の女性起業を応援!秋田税理士事務所
  8. 秋田市の税理士に依頼するなら秋田税理士事務所

最近の記事

PAGE TOP