個人事業主の資本金の平均は?0円でもOK?

悩んでいる人
悩んでいる人
個人事業主の資本金の平均はいくらぐらいなんでしょうか。0円でもOKでしょうか。

個人事業主に資本金の概念は無いので全員0円です。

この記事では、東京 新宿の税理士 坂根が解説します。

<ポイント>

  • 個人事業主に資本金の概念は無い(資本金は株式会社や合同会社など、会社を作るときの話)
  • そのため、個人事業主の資本金は全員0円
  • 事業を行うためにいくら必要か?
    →生活費として100万円、事業用に自己資金で100万円~500万円。できれば融資込みで300~1,000万円は用意したいところ

起業時の資金不足は融資で補いましょう。

\年間相談件数200件以上/

創業融資に強い新宿の税理士事務所

>>【着手金無料】成功報酬制の創業融資サポート

個人事業主の資本金の平均は?

悩んでいる人
悩んでいる人
個人事業主の資本金の平均はいくらぐらいなんでしょうか。

個人事業主の資本金は0円(なし)でもOK

個人事業主には資本金という概念がありませんので、資本金は全員0円です。

個人事業主としての活動に必要な自己資金の平均はいくら?

事業資金の平均としては、自己資金で100万円~500万円程度の方が多いです。

個人事業主に資本金の概念はありませんので、究極、資金0でも事業を行うことは可能です。

しかし、当たり前ですがお金が無ければ事業を行うことは難しいです。

何の事業を行うかによりますが、最低限、半年ぐらいは無収入でも生活できる程度の生活費分は用意しておくと良いでしょう(=15~20万円×6か月で90~120万円)。

事業資金の平均はいくら?

生活費として100万円、そのほか事業資金の自己資金として300万円程度用意しておくと良いでしょう。

ただし、300万円程度は使おうと思えばあっという間に無くなってしまいます。

  • ホームページ制作費
  • 広告費
  • 仕入

ホームページは綺麗なものを作っても売上が立つわけではありません。

また、広告費は、売れる商品があり、ターゲットをきちんと決めていればガンガンかけるべきですが、何を売るか定まっていない状態で広告をかけるとあっという間にお金が消えていきます。

そのため、大きくスタートしない個人事業主であれば、こういったものにはあまりお金を使わず、地道な営業にお金や時間を割くのが良いでしょう。

もちろん、時は金なりです。お金が足りないから起業しないと言っているといつまでたっても起業はできません。

2022年現在、年2%程度と超低金利で借りられます。事業を興して年間2%も稼げないのであれば、そんな事業、やらない方が良いです。

しっかり稼いであとで返せば良いのです。お金が足りない場合は融資を受け、自己資金の不足を補いましょう。

\年間相談件数200件以上/

創業融資に強い新宿の税理士事務所

>>【着手金無料】成功報酬制の創業融資サポート

個人事業主、設立3年以内の法人向け税務顧問

秋田税理士事務所では、「今は売上が少ないので勘弁してほしいけど、成長したらしっかり払います」という方限定ですが、業界最安水準の月額1万円から税務顧問サービスをご提供しています。決算も通帳や領収書の丸投げで対応しています。

人を雇えば新卒でも月に20万円、30万円かかるため、当然ですが赤字価格。長期的に付き合える方限定です。

弊社は東京の新宿でスタートし、現在の拠点は秋田市にありますが、Zoomなどオンラインミーティングの利用が可能であれば遠方の方も対応していますので、お気軽にご依頼ください。

\創業3年以内の法人限定/

秋田税理士事務所(秋田県秋田市)

関連記事

  1. 減価償却費はどういう経費?創業融資に強い新宿の税理士が解説
  2. 税金を払いたくない!節税方法と払った方が良い理由を新宿の税理士が…
  3. 外貨預金は決算確定申告で為替差損益の計上が必要!税理士が解説
  4. 起業直後の小さい会社に経理や簿記知識は必要?東京新宿の税理士が解説 なぜ、起業に簿記の知識が必要か?年400件相談を受ける税理士が解…
  5. 起業前に知っておきたいこと:起業・会社設立に強い新宿の税理士が解…
  6. 税理士に決算のみ依頼する3つのデメリットを東京の税理士が解説 税理士に決算のみ依頼する3つのデメリットを東京の税理士が解説
  7. 起業の成功率は1割未満?失敗しないための3つのコツ 起業の成功率は1割未満?失敗しないための3つのコツ
  8. 45歳の起業で気を付けたいことは?東京千代田区神田の税理士が解説 45歳の起業で気を付けたいことは?会社設立に強い新宿の税理士が解…

最近の記事

PAGE TOP