会社設立時の秋田県の許認可申請サポート

会社設立時の秋田県の許認可申請サポート

事業を始めるにあたり、許認可が必要な業種もあります。そのため、会社設立時には事業目的に忘れずに許認可を取得するための業種を記載する必要があります。

もし、許認可を取得する業種が記載されていない場合は、許認可申請の際に事業目的の変更が必要になることもあります。そのため、会社設立する前から専門家のサポートが必要です。

秋田県秋田市の秋田税理士事務所グループでは、会社設立時に必要な許認可申請のサポートも行っています。会社設立も許認可の取得手続きもスムーズに進めましょう。

秋田で開業するなら秋田県会社設立0円サポート

\年間400件以上のお問い合わせ/

秋田県会社設立サポート - 秋田市の税理士

\会社設立サポート0円キャンペーン/

月3社限定。会社設立のサポートを0円でサポート、実費のみでOK!専門家に相談+書類作成の代行で、安心して会社設立。

(※会社設立サポート0円キャンペーンは秋田税理士事務所との税務顧問契約が条件です。赤字のため、予告なく打ち切る可能性がありますのでお急ぎください。)

今すぐ会社設立を依頼する

許認可を取得する時期

事業を行う際には、必要に応じて各種許認可の申請が必要ですが、その申請時期は種類によって異なります。

一般的には次の通りです。

  1. 許可:事業を開始する前に申請し、承認を得る必要があります。
  2. 届出:事業開始後に提出する必要があります。

許認可が必要な事業等の一例

業種 要件 所轄官庁 備考
建設業 許可 国土交通省
都道府県
500万以上の工事を請け負う場合
資産要件、役員の資格に要件あり
宅建業 免許 国土交通省
都道府県
営業保証金
宅地建物取引主任者の設置
電気工事 登録 経済産業省
産業保安監督部
都道府県
主任電気工事士を配置
バー、スナック 許可 警察(公安) 風俗営業許可
病院・児童福祉施設との距離規制あり
倉庫業 登録 国土交通省 地域・用途による制限
倉庫の種類別の基準要件あり
運送業 許可 国土交通省
人材派遣 届出 ハローワーク 一般労働派遣の場合、資産要件あり
産業廃棄物処理 許可 都道府県 講習会受講、事業計画策定
リサイクルショップ
中古車・古本・古着
許可 警察(公安) 古物商許可
自動車整備 認証 陸運支局 作業場要件、整備主任者
旅行会社 旅行代理店 登録 運輸局
都道府県
旅行業登録、資格要件
種類による財産要件
介護事業 許可 都道府県 在宅、訪問、タクシーにより
手続きが異なる
居酒屋、レストラン 許可 保健所 飲食店許可
喫茶店 許可 保健所 喫茶店許可ではアルコールが出せない
パン、ケーキ屋 許可 保健所 菓子製造許可
美容院 届出 保健所 美容所開設届、図面、免許
駐車場 届出 都道府県
市役所
図面、面積が500平方メートル以上
路外駐車場設置届出
探偵業 届出 警察、公安 会社か個人かで提出書類が異なる
旅館 許可 保健所 設備要件
通訳案内業 免許 都道府県 資格要件
測量業登録 登録 国土交通省 資格要件 測量士
貸金業 登録 財務局
都道府県
資格要件 設備要件
ペットショップ 登録 都道府県 動物取扱業ペット関連サービスの場合は
許認可の種類が異なる

許認可申請も秋田税理士事務所グループがサポート!

設立後に必要となる許認可申請については、申請に必要な事業目的の明確化や資本金の整備など、様々な要件を満たす必要があります。

そのため、早めに専門家に依頼することが重要です。秋田税理士事務所グループでは、行政書士や社会保険労務士が許認可申請をサポートしています。秋田県秋田市の秋田税理士事務所に、お気軽にお問い合わせください。

\年間400件以上のお問い合わせ/

秋田県会社設立サポート - 秋田市の税理士

\会社設立サポート0円キャンペーン/

月3社限定。会社設立のサポートを0円でサポート、実費のみでOK!専門家に相談+書類作成の代行で、安心して会社設立。

(※会社設立サポート0円キャンペーンは秋田税理士事務所との税務顧問契約が条件です。赤字のため、予告なく打ち切る可能性がありますのでお急ぎください。)

今すぐ会社設立を依頼する

関連記事

  1. フランチャイズ(FC)起業を秋田でおすすめしない7つの理由
  2. 合同会社の設立費用はいくらかかる?新宿の会社設立に強い税理士が解…
  3. 秋田県の訪問看護融資サポートなら秋田税理士事務所
  4. 会社設立と会計入力代行を依頼するなら秋田税理士事務所
  5. 介護事業を秋田県で始めるなら秋田税理士事務所
  6. 会社設立は何月がいい?おすすめの決算月は4月から9月
  7. 会社設立後にやること10選を秋田市の税理士が解説
  8. 会社を立ち上げる手続きと方法、7つの注意点を税理士が解説

最近の記事

PAGE TOP