税理士への丸投げ費用はいくらかかる?新宿税理士事務所が解説

悩んでいる人
悩んでいる人
税理士さんへの丸投げ費用はいくらかかるのでしょうか?

「税理士に依頼する作業量次第」です。

個人事業主か法人か、会社規模や事業内容、相談に乗ってくれるかどうか等によって大きく異なりますが、1人事業主、1人法人の場合で低いと個人で年間10万円から、法人でも年間24万円からぐらいでしょう。

この記事では、東京 新宿の税理士 坂根が解説します。

<ポイント>

  • 税理士への丸投げ費用は依頼する作業量によって異なる
  • 売上規模など、税務リスクによっても料金は大きく異なる
  • 丸投げする範囲がどこまでか
  • 相談付きか、試算表の有無 などによっても料金は大きく異なる

人に依頼、その中でも専門家に依頼するわけですから、当然ながらある程度のお金はかかります。

新宿税理士事務所では、「今は売上が少ないので勘弁してほしいけど、成長したらしっかり払います」という方限定ですが、業界最安水準の月額1万円から税務顧問サービスをご提供しています。決算も通帳や領収書の丸投げで対応しています。

人を雇えば新卒でも月に20万円、30万円かかるため、当然ですが赤字価格。長期的に付き合える方限定です。

弊社は東京の新宿にありますが、Zoomなどオンラインミーティングの利用が可能であれば遠方の方も対応していますので、お気軽にご依頼ください。

\創業3年以内の法人・個人事業主限定/

創業3年以内限定!月1万円からの税務顧問サービス

税理士への丸投げ費用はいくらかかる?

悩んでいる人
悩んでいる人
税理士さんへの丸投げ費用はいくらかかるのでしょうか?

税理士への丸投げ費用は、「税理士に依頼する作業量次第」です。

個人事業主か法人か、会社規模や事業内容、相談に乗ってくれるかどうか等によって大きく異なります。

新宿税理士事務所(弊社)への丸投げ費用

弊社の場合、個人事業主・法人ともに、起業したばかりで売上300万円未満、かつ、創業3年未満の場合には次の料金から対応しています。

月の顧問料10,000円、記帳料0円(量が多い場合は別途料金)、決算料100,000円。

ミニマム22万円、法定調書・償却資産申告書の作成料金を含めて最低年間24万円からです。

これだけの低料金でも、預金通帳とレシートをいただき、丸投げで対応しています。

ハッキリ言いますが、これだけだと赤字です。

時給1,000円のアルバイトではありませんので、この料金で一般的な事務所と同じように対応するのはもちろん不可能です。

一般的な税理士事務所では、月の顧問料が30,000円~、記帳料も月10,000円~、決算料が月の顧問料の3~6か月で年間60万円程度からです

顧問とは、「相談していいですよ」という相談料のことですね。相談に加え、期限までに出し忘れたり、誤って出したりすると数百万円以上税額が変わることもある届出書の状況の管理などを行うことになります。

これらの他、毎月会社の利益状況の報告をしたり、税理士側に作業が発生するため、担当できる顧問先件数は一般的な事務所だと「スタッフ1人あたり20社程度」です。

1か月のうち、稼働できる日数は20日程度と考えると、1日あたり1社に対して業務提供する必要があるのでこれが限界です。

\創業3年以内の法人・個人事業主限定/

創業3年以内限定!月1万円からの税務顧問サービス

新宿税理士事務所(弊社)が低料金にできる理由

弊社では、売上が少ないうちは面談は原則なし(ただしChatworkで相談可能)、利益計算も年1回申告時に限定しています。

売上が300万円、1,000万円しかないのに、毎月面談して「今月どうですか」と話す時間はもったいないですよね。

Chatworkで相談にのっていますので、直接会って相談したいこともそんなには無いはずです。

正直、売上3,000万円未満規模で、毎月会って話す時間は必要ありません。こちらもその時間を削減すれば多くの顧問先数を抱えることができるため、面談をバッサリ切ってしまうことはお互いにとってメリットです。

ようやく利益が出てきたな、という段階から「毎月利益状況を確認したい、面談したい。」ということであれば、それらはオプション料金で対応しています。

 

その他、申告書の納品もPDFです。わざわざ印刷しません。その作業に30分1時間かけたところで1円も生み出しません。

そういった無駄を徹底的に省くことによって、月額1万円からという驚異の低価格、かつ、しっかりとした対応を行っています(理由もなく低料金にしているわけではないため、雑に対応しているわけではありません)。

新宿税理士事務所(弊社)は長期的にお付き合いできる方限定

もちろん、上記のような無駄を徹底的に省いても、月に1万円からでは確実に赤字です。

人を雇えば最低でも月に20万円、30万円はかかります。さらには会計人材は専門的な人材ですので、弊社の人件費はもっとかかっています。

残業代なしのブラック事務所に依頼した場合はひょっとしたら一時的には安く依頼できるかもしれません。ただし、途中で「従業員が辞めちゃってできません。申告期限間近ですが、よそに行ってください」となった場合、困るのは依頼した方自身です。

弊社としては、ずっと人件費割れでの契約はできません。ですので、この低料金で契約を結ぶのは、創業3年以内、かつ、長期的な付き合いができる方に限定しています。

新宿税理士事務所では、「今は売上が少ないので勘弁してほしいけど、成長したらしっかり払います」という方限定ですが、業界最安水準の月額1万円から税務顧問サービスをご提供しています。決算も通帳や領収書の丸投げで対応しています。

人を雇えば新卒でも月に20万円、30万円かかるため、当然ですが赤字価格。長期的に付き合える方限定です。

弊社は東京の新宿にありますが、Zoomなどオンラインミーティングの利用が可能であれば遠方の方も対応していますので、お気軽にご依頼ください。

\創業3年以内の法人・個人事業主限定/

創業3年以内限定!月1万円からの税務顧問サービス

関連記事

  1. 45歳の起業で気を付けたいことは?東京千代田区神田の税理士が解説 45歳の起業で気を付けたいことは?会社設立に強い新宿の税理士が解…
  2. 伸びない会社の特徴3選を新宿の税理士が解説
  3. 税金を払いたくない!節税方法と払った方が良い理由を新宿の税理士が…
  4. 起業したら何が経費になる?東京新宿の税理士が解説
  5. 青色申告とは?やらないと後悔する理由を新宿の税理士が解説
  6. 【評判】税理士紹介センタービスカスを使うと後悔します 【評判】税理士紹介センタービスカスを使うと後悔します
  7. 起業時、経営目標の設定は必要?会社設立に強い新宿の税理士が解説 起業時、経営目標の設定は必要?会社設立に強い新宿の税理士が解説
  8. 起業に失敗する人の特徴を会社設立に強い新宿の税理士が解説

最近の記事

  1. 新宿税理士事務所_会社設立サポート
  2. 地獄行き、無申告の5つのリスクと罰則を税理士が解説
  3. なぜ、合同会社に税理士は必要?役割と依頼する4つのメリット
  4. ソープ嬢の確定申告はどんなときに必要?無申告3つのリスクも解説
  5. 【本音】整体院が依頼すべき税理士4つのポイントを税理士が解説
PAGE TOP