法人設立

会社設立の流れを初心者向けに起業に強い税理士が解説

悩んでいる方
会社設立の流れがわかりません・・・

普段から会社設立に携わり、自身でも株式会社を立ち上げた経験のある税理士の坂根が解説します。

なお、会社設立相談は初回5,000円で相談にのっております(会社設立等を依頼いただいた場合は報酬から差し引きで実質無料です)。

超良心的な価格設定ですので、迷うぐらいであればお気軽にご相談ください。

 

会社設立の流れの4つのポイント

会社設立は、多くの手続きがありますが、簡単にまとめてしまうと次の4つです。

  1. 会社の住所など基本情報を決定する
  2. 定款を作成する
  3. 公証人に定款認証してもらう
  4. 法務局で登記する

会社の住所など基本情報を決定する

会社を設立するにあたっては、決めなければならないことがいくつかあります。

  • 会社の住所地
  • 代表者を誰にするか
  • 誰が役員になるか
  • 誰が株主になるか
  • 資本金をいくらにするか
  • 決算期をいつにするか
  • 発行する株式の種類
  • 事業目的 など

ここをよく検討せずに適当にすすめてしまうと、数万円、数十万円損してしまうこともあります。

特に初めて会社を設立するのであれば、迷って当然です。

ただ、ビジネスはスピードが命ですので迷う時間がもったいないです。

初回5,000円と正直に言えば赤字価格ですが、飲み会1回分おごったと思って色々と相談していただければ大丈夫です。

会社設立をゴリゴリに進める無料相談と異なり、会社設立しない方が良い方についてはきちんと止めますのでご安心ください。

 

定款を作成する

会社の基本情報を決めたあとは定款(ていかん)を作成します。

定款とは会社のルールを定めた書類であり、数ページに及びます。

ちなみに、会社設立の一連の流れの中で、定款の内容は1番大事です

定款を独自で作成した場合、登記が通らないこともありますので司法書士の先生に相談にのっていただき、作成していただくのが良いでしょう。

 

公証人に定款認証してもらう

作成した定款を誰も見ないままでは問題がありますので、公証役場(公的機関)に認証をしてもらう必要があります。

 

法務局で登記する

公証人の定款認証を受けた後、法務局で登記を行います。

ここまで、早ければ1週間前後です。

また、登記申請をしたあと、2週間から3週間程度経過してから会社の登記簿謄本を発行できるようになります。

 

会社設立相談

会社設立の相談は、毎月先着10名様限定で5,000円(税込)です。

正直5,000円だと赤字です。

人件費に事務所家賃などを考えたら、こんな価格で月に何十人、何百人もの相談に乗ることはできません。

ただ、このサイトを立ち上げた理由は多くの起業家の方の力になりたいからです。

そのため、毎月先着10名様限定で、会社設立をご相談したい方の相談に乗っています。

普段から会社設立に携わっているだけでなく、実際に自分自身で株式会社を立ち上げた経験のある税理士がご相談に乗りますので、不安があればお気軽にご相談ください。

-法人設立

© 2021 起業・会社設立 税理士メディア