秋田県における集客方法5選を秋田市の税理士が解説

これから秋田県で開業しますが、どのような集客方法がありますか?

業種によって異なりますが、基本的には対面営業か紹介、もしくはWeb集客が考えられます。

この記事では、全国から年間400件以上の問い合わせを受ける秋田県会社設立0円サポート税理士 坂根が解説します。

\年間400件以上のお問い合わせ/

秋田県会社設立サポート - 秋田市の税理士

\会社設立サポート0円キャンペーン/

月3社限定。会社設立のサポートを0円でサポート、実費のみでOK!専門家に相談+書類作成の代行で、安心して会社設立。

(※会社設立サポート0円キャンペーンは秋田税理士事務所との税務顧問契約が条件です。赤字のため、予告なく打ち切る可能性がありますのでお急ぎください。)

今すぐ会社設立を依頼する

秋田県における集客方法5選

秋田県における集客方法として代表的なものは次の5つです。

どれが良いかは業種やあなたの性格によって異なるため、自分に合った集客方法を行いましょう。

  • 対面営業
  • 紹介営業
  • チラシ(あおぽ等)、DM
  • ホームぺージ集客
  • SNSを活用した集客

秋田県秋田市の秋田税理士事務所では会計入力から代行していますので、営業活動など仕事に専念してください。

対面営業

何だかんだ一番効果があるのが対面営業です。

訪問営業、テレアポからの営業など、喋りがうまい人はどんな仕事でも、いくらでも仕事を受注することができます。

紹介営業

業種によっては紹介営業も非常に効果的です。

「友人の〇さんが買っているなら、検討した結果だろうから私も安心して購入できる」「あの人は信用できるから、あの人からの紹介なら間違いない」といった具合に、自社のユーザーに紹介してもらう場合には比較的成約率が高くなります。

既に地盤がある場合には紹介営業も活用していくと良いでしょう。

チラシ(あおぽ等)

お金はかかりますが、業種によってはチラシも効果があります。

誰にどれだけ送るかで変わりますが、安ければ10万円程度から始めることができます。

たとえば飲食店であれば、どんなに美味しい料理を作っても、食べてくれる人がいなければ広まりません。まずは自社の料理を知ってもらうために、広く宣伝する必要があります。

また、チラシの良いところはエリアを絞れることです。遠くの人より近くにいる人の方が通常成約率は高くなります。自社のエリアにいる人に届くよう、チラシを発行するのが良いでしょう。

秋田市でBtoC事の場合、あおぽ(青いポスト)などで反響がとれる可能性があります。

ホームぺージ集客

業種によりますがホームぺージ集客も効果的です。

代表的な方法を3つ紹介します。

  • Googleマップの登録(MEO)
  • リスティング広告の活用
  • ブログ(SEO)

 Googleマップの登録

Googleでの検索はネット上での検索の9割を占めているため、Googleマップは、インターネット上で店舗を検索する際に頻繁に利用されています。

自社の店舗をGoogleマップに登録することで、検索結果に表示される確率が高くなり、集客につながる可能性があります。

また、Googleマップには口コミや評価機能があるため、お客様からの評価を高めるために、定期的な更新を行うことが大切です。

無料で始められるため、特にBtoCの業種であれば登録しておくと良いでしょう。

リスティング広告の活用

GoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用した広告は、効果的な集客手段の1つです。

広告費用をかけることで、だれでも自社のサイトを上位表示することができ、多くの人々にアクセスしてもらうことができます。また、広告を配信する際には、集客キーワードや年齢層、地域などを絞ることができます。

広告費用がかかるため、業種によってはとんでもない広告費がかかってしまうことがありますが、広告のクオリティスコアを上げたりすることで、広告効果を最大化することができます。

代行費用は概ね月間広告費の20%であり、月20万円程度からでないとサポートしない方が多いです。必要であればリスティング広告の代行をできる方をご紹介します。

ブログを書く(SEO)

ブログを書くことで、自社サービスや商品を紹介することができます。

また、業界の最新情報やトレンドを発信することで、読者からの信頼を得ることができます。さらに、ブログを定期的に更新することで、検索エンジンのクロールの頻度を上げることができ、検索された際に上位表示することができます。そのため、ブログを書くことは集客にとって有効な手段です。

ただし、無料でできるのは良いですが、SEOでの集客は非常に難易度が高いです。そのため、ホームぺージ集客を行いたい場合は一般的にはリスティング広告が先であり、その後、余力がある場合に限ってSEOに取り組むケースが多いです。

SNSを活用した集客

現代において、SNSは非常に重要な役割を果たしています。

YoutubeやFacebook、Twitter、Instagram、TiktokなどのSNSを活用して自社の商品やサービスを紹介することで、多くの人にアピールすることができます。また、SNSを利用することで、顧客とのコミュニケーションを取り、顧客満足度の向上にもつながります。

ただし、SNSから直接集客を行うのは難易度が高いため、一般的にはSNSを通じてホームぺージに誘導し、そこからの制約を狙うケースが多いです。そのため、取り組むべき優先順位としてはホームぺージ制作等が先となります。

なお、ホームぺージやSNSは、秋田においては閲覧数が非常に少ないため、あまり有効的でないケースが多いです。全国から集客が必要になる可能性があります。

会計入力は任せて、集客に専念してください

社長の仕事は集客と組織作りです。

決して、自分で会計入力などを行ったり税務の勉強を行うことではありません。

秋田税理士事務所では、会社設立サポート、創業融資サポートなど起業支援に特化しています。

会計入力から代行し、申告書の税務署への提出など代行しています。

手間のかかる手続き、専門的な知識が必要なものについては専門家に任せて、集客や組織作りに専念してください。

秋田税理士事務所グループは、あなたの会社が飛躍することを応援しています。

\年間400件以上のお問い合わせ/

秋田県会社設立サポート - 秋田市の税理士

\会社設立サポート0円キャンペーン/

月3社限定。会社設立のサポートを0円でサポート、実費のみでOK!専門家に相談+書類作成の代行で、安心して会社設立。

(※会社設立サポート0円キャンペーンは秋田税理士事務所との税務顧問契約が条件です。赤字のため、予告なく打ち切る可能性がありますのでお急ぎください。)

今すぐ会社設立を依頼する

関連記事

  1. 会社設立登記の流れを秋田県の税理士が解説
  2. 会社設立する際の事業目的の決め方5つの注意点を税理士が解説
  3. 東京都新宿区:会社設立・起業家応援パック 会社設立費用の相場はいくら?東京新宿区の税理士が解説
  4. 50歳で起業は遅すぎるのか?50歳起業の戦略とポイント
  5. 合同会社の設立費用はいくらかかる?新宿の会社設立に強い税理士が解…
  6. 会社経営が赤字になっても倒産しない理由を起業に強い税理士が解説
  7. 会社設立時の秋田県の許認可申請サポート
  8. 一般社団法人の設立費用はいくら?会社設立に強い秋田市の税理士が解…

最近の記事

PAGE TOP