【コスパ良し】会社設立時に必要な備品10選を紹介

悩んでいる人
悩んでいる人

これから会社設立しますが、どのような備品が必要でしょうか

業種によりますが、特に必要なものを紹介します。

実際に買ったもの等を、秋田県会社設立0円サポートを行う秋田県秋田市の秋田税理士事務所税理士 坂根が解説します。

\年間400件以上のお問い合わせ/

秋田県会社設立サポート - 秋田市の税理士

\会社設立サポート0円キャンペーン/

月3社限定。会社設立のサポートを0円でサポート、実費のみでOK!専門家に相談+書類作成の代行で、安心して会社設立。

(※会社設立サポート0円キャンペーンは秋田税理士事務所との税務顧問契約が条件です。赤字のため、予告なく打ち切る可能性がありますのでお急ぎください。)

今すぐ会社設立を依頼する

会社設立時に必要な備品10選

[st-kaiwa1]会社設立時にどんな備品が必要でしょうか[/st-kaiwa1]

人によってはいらないものもありますが、10種類紹介します。

  • 法人印
  • デスクチェア(椅子)
  • オフィスデスク(机)
  • 書類整理用品
  • カレンダー
  • プリンター
  • 電話機
  • キャビネット
  • 文房具
  • エアコン、ストーブ

法人印

会社設立時に法人印は必須です。ないと会社を作れません。

一般的には1万円以上のしっかりしたものをすすめる人が多いですが、立ち上げ初期にそんな高級な印鑑は必要ありませんし、今どき電子契約が主流になりつつありますから、3本3,000円もしくは1本1,000円くらいの印鑑で十分です。

特にこだわりがなければ、3本セット3,000円のこの印鑑で良いでしょう。

>【法人印鑑】柘植法人設立3本セットB(印鑑の和)

関連記事:【激安あり】法人設立の印鑑セットおすすめ3選

デスクチェア(椅子)

オフィスチェアは、長時間座って作業をする場合に欠かせないアイテムです。

背もたれや座面の形状やサイズ、クッション性などにこだわり、快適な座り心地の椅子を選びましょう。

まともなものが欲しい場合には、1脚1万円が目安です。

>>デスクチェア

オフィスデスク(机)

デスクは、作業スペースを確保する上で必要なアイテムです。机の高さや幅、引き出しの数など、自分の作業スタイルに合わせて選ぶことが重要です。また、デスクの下にはコード類をまとめるためのコードボックスを設置すると、配線の乱れを防ぐことができます。イトーキやオカムラといったブランド品だと中古でも1つ2万円はしますが、潤沢なお金がない場合は5,000円くらいの机で良いでしょう。

>>オフィスデスク

書類整理用品

書類整理用品は、会社設立時に欠かせないアイテムです。ファイルやバインダー、ホッチキスなどを準備し、書類の整理をスムーズに行いましょう。また、書類整理用品は、デスクの上に置いておくと、必要なときにすぐに取り出せるようになります。

カレンダー

カレンダーは、スケジュール管理に欠かせないアイテムです。ただ、紙製のカレンダーを使うのも良いですが、最近はスマートフォンアプリなどでも管理することができます。また、スケジュール管理アプリには、ToDoリスト機能などもあるので、作業効率を上げるためにも活用してみましょう。

Googleカレンダーが高機能です。Google Workspaceでアカウントを発行し、メールアドレスやカレンダー、Googlemeet(オンライン会議)等使うのが良いでしょう。1か月1,000円かかりません。

プリンター

プリンターは、必要な書類を印刷するために欠かせないアイテムです。インクジェットプリンターやレーザープリンター、1台100万円以上する複合機もあります。

ただ、最近のプリンタは非常に性能が良いので、1台2万円~4万円程度のインクジェットプリンタでも高機能です。

>>プリンタ

電話機

電話機は、取引先や顧客とのやりとりに欠かせないアイテムです。最近では、IP電話を利用することで電話機が不要になる場合もあります(03番号にかかってきた電話をスマホに転送する)。自社に最適な通信手段を選びましょう。

キャビネット

キャビネットは、書類や資料の保管に欠かせないアイテムです。耐火性のあるものや鍵がついているものなど、セキュリティー面にもこだわったアイテムがあります。大切な書類を保管する場合には、しっかりとしたキャビネットを用意しましょう。

見た目の割に意外と高く、イトーキやオカムラといったブランド物がほとんどで、安くて4万円程度からが目安となります。

文房具

ペン、メモ帳、はさみ、カッターなど文房具も必要です。

買っておきましょう。

エアコン、ストーブ

エアコンやストーブは、快適なオフィス環境を整えるために欠かせないアイテムです。夏場は涼しく、冬場は温かく保ち、快適な環境を維持しましょう。

その他

電気ケトルや傘立てもあると良いでしょう。

>>傘立て

会社設立するなら秋田税理士事務所グループへ

会社設立時に必要な備品は多くありますが、後から考えれば良い物ばかりです。必要になれば買い足していきましょう。

\年間400件以上のお問い合わせ/

秋田県会社設立サポート - 秋田市の税理士

\会社設立サポート0円キャンペーン/

月3社限定。会社設立のサポートを0円でサポート、実費のみでOK!専門家に相談+書類作成の代行で、安心して会社設立。

(※会社設立サポート0円キャンペーンは秋田税理士事務所との税務顧問契約が条件です。赤字のため、予告なく打ち切る可能性がありますのでお急ぎください。)

今すぐ会社設立を依頼する

関連記事

  1. 東京都新宿区:会社設立・起業家応援パック 会社設立費用の相場はいくら?東京新宿区の税理士が解説
  2. 秋田県で経営支援を行う税理士3つのポイント
  3. 社長の賞与(ボーナス)を経費にする方法を新宿の税理士が解説
  4. 【起業直後】役員の給料(年収)はいくらが良い?新宿の税理士が解説…
  5. すごいけど、資本金1億円を超えるデメリット:新宿の税理士が解説
  6. 合同会社の設立費用はいくらかかる?新宿の会社設立に強い税理士が解…
  7. 50歳で起業は遅すぎるのか?50歳起業の戦略とポイント
  8. 「freeeを使えば税理士はいらない」が嘘である7つの理由

最近の記事

PAGE TOP