とりあえず会社を作るのはアリ!年200件相談を受ける新宿税理士が解説

悩んでいる人
悩んでいる人

とりあえず会社を作りたいんですが、そんなゆるい考えでも大丈夫なのでしょうか?

良いと思います。これで今月から社長ですね、おめでとうございます!

この記事では、とりあえず会社設立したい人のために、20代で自身の会社を設立した税理士の坂根が解説します。

<ポイント>

  • とりあえず会社設立するのはアリ
  • とりあえず会社設立する人はいる
  • 1人で細々やっていくだけなら会社設立する必要なし
  • 会社設立するとコストが増える
  • 本気で取り組むなら会社設立するという考えの方が良い

弊社では、「今は売上が少ないので勘弁してほしいけど、成長したらしっかり払います」という方限定ですが、業界最安水準の年額13万円からという格安税務顧問サービスをご提供しています。弊社は新宿にありますが、Zoomなどオンラインミーティングの利用が可能であれば遠方の方も対応していますので、お気軽にご依頼ください。

新宿税理士事務所:月額1万円からの税務顧問

\創業3年以内の法人・個人事業主限定/

創業3年以内限定!月1万円からの格安税務顧問サービス

とりあえず会社設立

とりあえず会社設立しても良い?

とりあえず会社設立しても問題はありません。

会社はきちんと手続きさえ踏めば、だれでもつくることができます。

いまは資本金1円からでも会社を作ることができる時代です(すぐに倒産しないよう、現実的には、最低100万円は自己資金を用意しておくべきです)。

そのため、サラリーマンであっても「社長になりたい!」という理由でとりあえず会社設立をしても良いのです。

私も初めて自身の株式会社を立ち上げたときは26歳、資産管理会社が必要だったため、とりあえず会社を作りました。普段から会社設立のサポートをしていますから、自身の経験の意味でも必要なことと考え、行動に移しました。

とりあえず会社設立する人はいる?

とりあえず会社設立する人はいます。

中には、いきなり未経験から、事業を始めるといって会社設立をする方もいます。

ただ、とりあえず会社設立をする人は、やはり、既に会社設立経験がある人が多いです。

慣れていれば2社目、3社目をとりあえず設立してしまう方はいます。

会社の事業目的に応じ、管理のために会社の売上を分散させたいという理由もあれば、交際費の経費枠や法人税の軽減税率など、税金のメリットを受けたいからという理由があるからです。ただ、これは既に稼いでいる人が前提ですので、これから事業を始めるという多くの方にとっては関係ありません。

千代田区神田:会社設立・起業家応援パック

司法書士報酬を弊社負担!税理士と司法書士がゼロ円で設立サポートいたします!(弊社との税務顧問契約が条件です※このサービスは格安税務顧問との併用はできません、格安税務顧問をご希望の場合には提携司法書士報酬が業界最安水準ですが3万円かかります)

\自分で手続きするよりお得!無料設立サポート!/

今すぐ設立依頼する

とりえあえず会社設立した場合のメリット・デメリット

とりあえず会社設立するメリット

とりあえず会社設立するメリットは、個人事業主としてスタートするより「やる気が出ること」です。

やらざるを得ないと言い換えても良いでしょう。

事業を始める際は、次の2通りのやり方があります。

  • 会社を設立する
  • 個人事業主として活動する

事業を始める際、必ずしも会社を設立する必要はありません。会社を作らずとも、事業を始めれば「個人事業主」と呼ばれます。

個人事業主としてスタートすれば、事業を始めたという「区切りがない」ため、モチベーションが湧かない方も多いです。

ただし、会社を設立すれば、それを区切りとして、やらざるを得ない状況に追い込まれます。

会社を設立すれば、個人事業主として活動するよりも手続き面で大変ですし、コストもかかります。ただし、会社を設立すれば、もう社長なんだという意識で日々はげむことができます。

会社を作れば堂々と「社長」と名乗ることができますし、周りからの信用も上がります。そういった、対外部からの信用を得る目的で会社を作るのはよくあり、理由としても十分です。

とりあえず会社設立するデメリット

とりあえず会社設立するデメリットは、お金がかかることです。

すぐに売り上げをたてられないと、あっという間に倒産します。また、多くの費用がかかります。

会社は赤字であっても最低で年間7万円の均等割という税金を納めなければなりません。

また、社会保険の強制加入であったり、記帳や申告がむずかしくなる、管理が大変になる(会社の99%以上は税理士が関与しています)ため、社労士や税理士など、専門家にお願いする費用もかかります。

会社をまともに機能させるには当然ながら必要です。

ここでもし、月数万円の支払いを渋るぐらいであれば、まだ会社設立するタイミングではありません。

従業員を雇えば月に何十万円とお金が出ていきます。仕事道具を揃えれば何十万円と飛んでいきます。

いきなり売上をたてられないケースであったり、本気度が足りないのであれば、まずは個人事業主としてスタートしましょう。法人設立はあとからでも可能です。

まずは失敗しないために個人事業主としてスモールスタートするか、本気を出してとりあえず会社設立するかを決めましょう。

とりあえず会社設立してしまう前にご相談ください

とりあえず会社設立するのはアリですが、それで失敗したらバカバカしいです。自分ですすめた結果、かなりの時間がかかったり、書類の出し忘れで大損する可能性もあります。

弊社では、「今は売上が少ないので勘弁してほしいけど、成長したらしっかり払います」という方限定ですが、業界最安水準の年額13万円からという格安税務顧問サービスをご提供しています。会社設立からサポートしていますので、まずはお気軽にご連絡ください。弊社は新宿にありますが、Zoomなどオンラインミーティングの利用が可能であれば遠方の方も対応しています。

新宿税理士事務所:月額1万円からの税務顧問

\創業3年以内の法人・個人事業主限定/

創業3年以内限定!月1万円からの格安税務顧問サービス

関連記事

  1. 会社設立の流れを初心者向けに新宿の税理士が解説
  2. 株式会社は資本金100万円でも可能?会社設立費用を新宿の税理士が…
  3. 【株式会社の設立】資本金をいくらにすべき?起業に強い税理士が解説…
  4. 東京都新宿区:会社設立・起業家応援パック 会社設立費用の相場はいくら?東京新宿区の税理士が解説
  5. すごいけど、資本金1億円を超えるデメリット:新宿の税理士が解説
  6. 【会社設立】決算期はいつがいい?起業に強い新宿の税理士が解説
  7. 合同会社の税金:東京千代田区神田の税理士が解説 合同会社は税金が安い?どんな税金がかかるか東京新宿の税理士が解説…
  8. 売上(年商)1,000万円を超えると消費税課税:起業に強い税理士…

最近の記事

  1. 軽貨物ドライバーの確定申告に強い税理士の探し方4選
  2. ビズプラットフォーム税理士紹介の評判は最悪
  3. 新宿税理士事務所
  4. 新宿税理士事務所
  5. 新宿税理士事務所
PAGE TOP