起業

【超簡単】起業する際のホームページ作成方法を税理士が画像付きで解説

悩んでいる方
起業したいけど、ホームページは作成したほうがいいのかな?

税理士の坂根が、ホームページの必要性とホームページの作成方法を画像付きで解説します。

なお、ホームページ制作後にサイトを上位表示したい方は、コンサルを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

ホームページ作成方法(結論)

ホームページの作成方法は簡単です。

エックスサーバーに申し込めば月額990円で自分のホームページを持つことができます。

 

起業時にホームページは必要?

起業時にホームページが必要か不要かは、人によります。

ホームページが無くても人づての紹介で集客される方もいますし、ホームページを作っただけではアクセスは無いため、ホームページは不要という方もいるからです。

ただし、今の時代、ホームページはあっても損は無いでしょう。信用度が上がるからです。

ホームページを作成しただけではアクセスは集まらない?

ホームページを作成しただけでは、だれも見てくれません。

ホームページにアクセスを集める方法は、検索経由かSNSか、広告のどれかです。

ちなみに弊社の税理士業務は広告をかけていません。

最近は広告をかけている事務所も増えてきましたが、我々は広告費が上乗せされていない分、質の良いサービスを提供できています。

 

起業時のホームページにかかる費用

起業時のホームページにかかる費用は、10~50万円ぐらいの範囲内かと思います。

これは、どのぐらいのページボリュームにするかや、どのようなデザインにするかで大きく変わります。

ただ、単純にホームページを持ちたいだけなら数万円からでも可能です。

また、一番安く済ませるのは、手間はかかりますが自分で作ってしまうことです。

月1,000円分ほどの管理費のみで作れてしまいます。

以下でホームページ作成方法を解説していますので、自作したい方は最後までご覧いただくと、だれでもホームページを開設することができます。

 

起業時に使いたいホームページ比較

ホームページの作成時によく使われるものの比較を行います。

サイト 特徴 おすすめ度
jimdoo
  • 広告が出てくる
  • 一昔前のサイト感がある
アメブロ、Wix
  • 簡単
  • SEOに弱い
  • 運営元がサービス終了した場合、コンテンツが失われる
  • ブログ感(日記の感覚)が強く、オフィシャル向きでない
ワードプレス(WordPress)
  • SEOに強い
  • 最初は使いにくい(けど、すぐ慣れます)

アメブロやWixなどはSEO(Search Engine Optimization)に弱いです。つまり、検索経由でホームページにアクセスを集めたい場合は使わない方が良いでしょう。

また、これらのサイトは運営元の会社がサービスを終了した場合に、今まで作成してきた記事(コンテンツ)がすべて失われるリスクがあります。

そのため、おすすめはワードプレス(WordPress)一択です。今はほとんどの会社がワードプレスを使っています。

ワードプレスというのは、ホームページの作成などができるフォーマットのようなものです。

我々ブラッシュメーカー会計事務所のホームページも、今あなたが開いているこのページも、ワードプレスで作成しています。

以下では、ワードプレスでホームページを作成するための手順を解説します。

 

ホームページの作成方法

ホームページを作成するためには、次のように、やらなければならないことが数多くあります。

  • ドメインの取得(https:〇〇~ の「〇〇」部分を取る)
  • サーバーを借りる
  • 取得したドメインをワードプレスに移行する
  • SSL化する(http →https にすることでセキュリティが強くなる)

このほかにもありますが、正直、「難しそう」と思いますよね。

わたしもそうでした。

ドメインの販売会社とサーバーの貸し出しを行っている会社が異なったり、ドメインをワードプレスに移行するのに60日間必要だったり、結構大変です。

わたしも最初、別々で契約しようとして失敗しました。

「60日間ドメイン移行できないって、そんな縛りがあるの?・・・ホームページ作れないじゃん」と思いました。

そこでおすすめするのがシェア率No.1のエックスサーバーです。

 

<レンタルサーバの料金比較>

エックスサーバー ロリポップ! さくらのレンタルサーバ
初期設定費用 (2021年5月20日まで)0円 (2021年5月5日まで)0円 1,048円 
月額費用 990円~3,960円 110~2,200円 131~13,200円
容量 300GB 20GB~1TB 10~700GB
シェア率(※) (1位)14.48% (2位)14.07% (3位)13.30%
SSL化 0円 0円 0円 

※参照:https://ja.hostadvice.com/marketshare/jp/

上の表のとおり、ホームページを開設するためのレンタルサーバ代は正直どこも特に大きな差はありません(基本は容量の違いなどで料金が変わるだけ)。

ただ、エックスサーバーで申し込めば、以下の手続きすべてを簡単に終えることができます。

  • ドメインの取得(https:〇〇~ の「〇〇」部分を取る)
  • サーバーを借りる
  • 取得したドメインをワードプレスに移行する
  • SSL化する(http →https にすることでセキュリティが強くなる)

用語の意味を覚える必要もありません。

誰でも、あっという間にホームページを作成することができます。

わたしは最初にエックスサーバー以外でドメインを取し、別のところでレンタルサーバで契約しようとして失敗しました。

要するに、手間がかかりすぎました。

手軽さをとりたいなら、シェア率No.1のエックスサーバーが良いでしょう。

ホームページの開設手順

エックスサーバーにアクセスし、申し込み、進めていけば、あっという間にホームページを作成することができます。

まずは以下のエックスサーバーの申し込みページにアクセスしてください。

エックスサーバーの申し込みページ(こちらをクリックしてください)

 

①「お申し込みはこちら」をクリックしてください。

②10日間無料お試し 新規お申込みをクリックしてください。

③プラン決定など

プラン 月額 容量
X10 990円~ 300GB
X20 1,980円~ 400GB
X30 3,960円~ 500GB

何十個もサイトを持つような大企業等でない限りはX10で良いでしょう。十分すぎる容量です。

また、WordPressクイックスタート」を利用するに必ず✔を付けておきましょう。

これがエックスサーバーでホームページ作成をする一番のメリットだからです。

「WordPressクイックスタート」にチェックを入れることで、エックスサーバーに申し込むだけで自分専用のホームページが手に入ります。

 

④サーバーの契約期間とドメイン名の決定を行いましょう

サーバーの契約期間は10年間などできますが、12か月で良いと思います。

また、取得ドメイン名とは、URLのことです。

現在あなたが開いているこのページで言えば、「https://kigyou.tszeiri.com/」の「kigyou.tszeiri.com」がドメイン名です。

これは後から変えられませんので、よく考えておきましょう。

⑤Wordpressに設定する情報の入力

ブログ名や、ユーザー名(ID)、パスワードなどを決定します。

これで、あなただけのホームページが手に入ります。

WordPressは記事の投稿も簡単!

WordPressの記事の投稿は、以下の投稿ボタンから「新規追加」を押すだけです。

以下の画面が表示されます。ここで記事を書けば、今あなたが開いているこのページのように記事が投稿されます。

WordPressの操作は誰でもできます。

わたし自身、HTMLやPHPなどプログラミングを学んだことはありません。

また、WordPressは使っている人も多いので、Google検索すればたいていの操作方法がわかるのも魅力です。

 

エックスサーバの評判・口コミ

皆さん好意見のようですね。

エックスサーバーは使いやすいので、初心者におすすめです。

 

エックスサーバーの申し込みページ(こちらをクリックしてください)
まずホームページを作っておくだけでも一歩前進できます!

 

起業時にホームページはあった方が良いけど効率も考えて

起業時にホームページがあった方が良いのは確かです。

わたしは起業家の方に真に寄り添えるよう自ら作成しましたが、ホームページの作成に数時間、数十時間かけるのであれば外注してしまった方が良いと思います。

当サイトと同じ作りでよければ、20万円程度で制作代行可能です(それ以外であれば、信頼できる業者をご紹介いたします)。

また、ホームページ制作後にサイトを上位表示したい方は、コンサルを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

月に10万人が閲覧するサイトの制作実績があり、正直、自分で言うのもなんですが、そこらのWebコンサルタントよりよほど詳しいです。

以下のページから承りますので、自社ホームページを上位表示させたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

エックスサーバーの申し込みページ(こちらをクリックしてください)
まずホームページを作っておくだけでも一歩前進できます!

-起業

© 2021 起業・会社設立 税理士メディア