起業

飲食店の開業で失敗しないために知りたいことを起業に強い税理士が解説

悩んでいる方
飲食店を開業したいけど、何から始めればいいんだろう?

飲食店開業について、税理士や行政書士がやさしくご相談にのりますので、お気軽にお問い合わせください!

>>お問い合わせページはこちらをクリック

 

飲食店の開業は参入障壁が高くない!

飲食店の開業は参入障壁が高くないため、手軽に始めやすい起業方法です。

「おいしい」「まずい」を問わなければ、だれでも料理を作れてしまうからです。

「今まで修行してきたお店からついに独立!」

「脱サラして飲食店を開業!」

輝かしい飲食店開業でつまずかないよう、知っておきたいことをご紹介します。

 

飲食店の開業時に活用したい!補助金や助成金

飲食店を開業する際は、助成金や補助金など、活用できるものは活用していきましょう。

補助金は、お金を100万円使った場合にそのうちの2分の1や3分の1を、後日受け取れるものです。

自己負担額は必要ですし、最初にまとまったお金を用意しておく必要がありますが、少ない自己負担で費用を捻出することができます。

助成金も基本的には同様です。ただ、一般的に助成金は、支給要件を満たせばほぼ支給されます。

開業時に使える代表的な補助金や助成金は次の2つです。

  • 小規模事業者持続化補助金
  • 創業助成金

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金は、Webサイトの制作や広告費用などに使える補助金です。

75万円支払った場合に3分の2である50万円が補助されます(一般型)。

一般型の他、コロナ特別対応型や低リスク感染型ビジネス枠など、年度によっていくつか種類が設けられています。

この補助金は通年で受け付けているものではありませんが、タイミングがあえば積極的に活用していきたい補助金です。

また、いまのところ毎年行われていますが、補助金はいつ無くなるかわかりません。

開業を早く始めないと、補助金申請のチャンスも失いかねません。

 

創業助成金

創業助成金は、東京都が実施している助成金です。

都内で創業を予定されている方などのうち、要件を満たせば次の費用など、開業当初に必要な経費の一部を都が負担してくれます。

  • 従業員の人件費
  • 賃借料
  • 広告費 など

これらの助成対象と認められる経費のうち、3分の2を負担してくれ、下限100万円、上限300万円と比較的大きな金額を負担してもらえます。

ただ、要件が厳しかったり手間だったりするため、活用している方は少ない印象です。

 

飲食店の開業に必要な起業資金はいくら?

飲食店の開業には、自己資金を1,000万円は用意しておきたいところです。

どんな飲食店を経営するかにもよりますが、飲食店は店舗の家賃や設備の導入にお金がかかります。

ITビジネスや家賃負担のいらないビジネスと比べると、比較的大きな資金が必要です。

足りなければ融資も活用していきましょう。

お問い合わせいただければ融資のサポートも可能です。

>>お問い合わせページはこちらをクリック

 

飲食店の開業には許認可が必要

飲食店を開業する際は、保健所や消防署への届出が必要です。

また、食品衛生責任者の設置や防火管理者の設置、深夜酒類提供飲食店営業届などが必要です。

許認可をとるためには行政書士の力を借りましょう。

お問い合わせいただいたあと、適切な専門家をご紹介いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

飲食店の開業時に税務署や役所に提出する書類

飲食店を開業する際は、税務署や役所に税金関係の書類の提出が必要です。

弊社に依頼いただければ作成や代理提出が可能です。

 

飲食店開業後の集客方法は?

飲食店を開業したあとは、集客しなければお客さんは来てくれません。

自宅で作って食べればいいと思っている人もいますし、周りに美味しい飲食店があれば負けてしまうかもしれません。

また、駅近でなければ誰にも気が付かれず、お客さんが1人も入ってこないかもしれません。

InstagramなどのSNS活用やホームページ制作もあわせてしていきたいところです。

弊社にはWebマーケティング事業を手掛けているものもいますし、Webページ制作なども専門業者をご紹介することは可能です。

飲食店の開業で失敗したくない方は、まずはお気軽にご相談ください。

>>お問い合わせページはこちらをクリック

-起業

© 2021 起業・会社設立 税理士メディア