起業

起業に失敗する人の特徴を起業・会社設立に強い税理士が解説

悩んでいる方
起業したいけど、失敗はしたくないな

何度も起業や会社設立に立ち会い、また、自身でも株式会社を立ち上げている税理士の坂根が解説します。

毎月先着10名様限定です!

会社設立の相談や起業にあたっての相談など、当サイトを運営する税理士が直接相談対応いたします。

起業に失敗する人の特徴5選

起業に失敗する人の特徴を5つご紹介します。

  • 誰にも相談しない
  • 相談相手を間違えている
  • スキルが足りていない
  • 固定費をかけすぎた
  • とりあえず会社設立してしまった

 

誰にも相談しない

起業時に、誰にも相談せずにすすめる人は失敗する人が多いです。

周りに既に起業されている方がいれば、相談してみると良いでしょう。

「こんなの考えてるけどどうですか?」とビジネスの壁打ちをしてみましょう。

最初からうまくいってる人は少ないので、本気で起業をスタートする人には結構みんな優しいです。

「ここがネックだからここを直そう」、「そこは外注した方がいいね。〇〇さん紹介するよ」と厳しくも、親身になって相談にのってくれるかもしれません。

また、もし周りにそういった方がいなければ、東京限定のビジネス交流会に来てください。

上場企業の監査役や上場企業の元CFO、エンジェル投資家に起業家の先輩(社長や個人事業主)など、実力のある方も数多く参加しています。

ただ、アホみたいに参加費を巻き上げてスーツ姿で名刺交換、しかも参加者がマルチばかりという交流会とは異なり、参加者の方を限定しています。

今のビジネスが成功してるか失敗してるかは一切問いませんが、既に起業されているか、本気で起業したい方のみお越しください。

良心的にランチ代などの実費のみの負担なので、来ないと損するレベルです。

 

相談相手を間違えている

起業したばかりの人に相談したり、起業コンサルタントのような怪しい肩書の人に相談すると失敗しやすいです。

しょうもないビジネス(ねずみ講)をやっている人だったり、コンサルフィーとして数十万円支払ったり、散々な目にあうでしょう。

また、起業・会社設立などの無料セミナーや無料相談もお勧めしません。

人が動く以上「無料」はあり得ないからです。

国や区役所など、公的機関が行っているセミナーや相談会であればバンバン参加して良いと思います。

講師を呼ぶ費用などは税金から賄われているからです。

ただし、それ以外の無料セミナー、無料相談はお勧めしません。

たとえば、「起業セミナー」と検索するだけでこれだけの広告が流れてきます。

上記はすべて広告です。1クリック数十円から数百円、1問い合わせに至るまで数千円~1万円ぐらいかかると思います

また、仮に広告をかけなかったとしても、無料でセミナーなんてしたら赤字に決まっています。

人件費に会場費、会社の家賃など、会社を維持するためには多くのお金がかかるからです。

お金を払って赤字でも無料セミナーを開くのは、彼らのセミナーから、売りたい商品に誘導するためです。

参加するだけ時間の無駄なのでお気を付けください。

ちなみに、弊社は広告費を1円もかけていません。ありがたいことに、ご紹介いただくことがほとんどだからです。

また、会社設立など、依頼が前提であれば初回の相談は無料です。

そうでなくても、会社設立や起業の相談など、失敗する方を減らしたいという目的でこのサイトを立ち上げていますので、無料とはいきませんが、初回相談は5,000円と、原価ギリギリの価格でご相談にのっています。

飲み会を1回おごったと思って、聞きたいことを全部聞いていただいて構いません。


毎月先着10名様限定です!

 

スキルが足りていない

スキルが足りていないのに起業するのはお勧めしません。

いくら売り方がうまくても、売れる商品やサービスを持っていなければお金になりません。

また、いい商品やサービスを作っても、どう販売するかまで考えないといけません。

いまの時代、類似商品は多くありますし、待っていても売れる商品というのはそう多くありません。

チラシやWeb広告経由なのか、紹介なのか、販路も確保しておきましょう。

 

固定費をかけ過ぎた

いきなり固定費を300万円などかける人もいますが、失敗する確率が上がります。

いいオフィスにしたい、いいホームページを作りたい、かっこいい会社のロゴを作りたい。

それで目に見えて売上が増えるならいいですが、そこに300万円など投下するぐらいであれば、広告費に回した方が余程マシでしょう・・・

また、退職金をもとに脱サラして飲食店を経営するとしても、改装費に数千万円かけていては、仕入代金の捻出もむずかしくなります。

最初は、売上に直結しない費用はなるべく少なくしておいた方が、失敗したときのダメージが少なくなります。

 

とりあえず会社設立してしまった

商品もサービスも考えず、販売方法も考えず、とりあえず会社設立しました。もうその時点で失敗しています。

とりあえず会社設立はアリ!注意点など起業に強い税理士が解説」でご紹介している通り、きちんとビジネスを行うのであれば、とりあえず会社設立をしておくのはアリです。

ただ、たいして考えもせずに会社設立をすれば、会社の維持費もかかりますし、会社を解散(倒産)させるのにもお金がかかります。

まずは誰かに相談してから会社を設立しましょう。

 

会社設立・起業相談にのっています

弊社では、当サイトの記事を書いており、自身で株式会社も立ち上げている税理士が会社設立や起業の相談にのっています。

会社設立や申告書作成等の税理士業務等の依頼が前提であれば初回相談は無料で承ります。

また、そうでなくても会社設立やビジネスの相談であれば初回は5,000円と赤字価格でご相談にのっています。

不安があれば、まずはご相談ください。

会社設立しない方が良い方であれば止めますし、そうでなければ全力でサポートします。

初回5,000円相談は毎月先着10名様限定ですので、不安があればお気軽にご相談ください。


>>税理士がやさしくご相談にのります!
毎月先着10名様限定!お急ぎください!

-起業

© 2021 起業・会社設立 税理士メディア