秋田県で独立開業するための事前準備とポイント

悩んでいる人
悩んでいる人

秋田県で独立開業したいのですが、事前準備やポイントについて教えていただけないでしょうか。

スキルがあれば独立すること、この一言に尽きます。

秋田県は平均年収が東京の半分程度と、サラリーマンとして勤めるには厳しい地域です。独立開業して成功を納めましょう。

この記事では、年間400件以上の問い合わせを受ける秋田県会社設立0円サポート税理士 坂根が解説します。

\年間400件以上のお問い合わせ/

秋田県会社設立サポート - 秋田市の税理士

\会社設立サポート0円キャンペーン/

月3社限定。会社設立のサポートを0円でサポート、実費のみでOK!専門家に相談+書類作成の代行で、安心して会社設立。

(※会社設立サポート0円キャンペーンは秋田税理士事務所との税務顧問契約が条件です。赤字のため、予告なく打ち切る可能性がありますのでお急ぎください。)

今すぐ会社設立を依頼する

秋田県で独立開業するなら秋田税理士事務所へ

秋田税理士事務所は、東京の新宿で活躍していた税理士の坂根が経営しています。会社設立サポートや創業融資サポートなど起業家支援に特化しているため、地元秋田県で独立開業するなら秋田税理士事務所にご依頼ください。

秋田県での独立開業の事前準備

独立開業をするには、まず計画を立てることが重要です。

ただし、独立開業にかかる費用や収益の見積もり、市場調査、競合環境などをまとめた事業計画、そんなものは必要ありません。

ざっくりで構いません。

上場企業にしたいということであれば話は変わりますが、5人10人の会社、ましてや1人で独立するレベルであれば細かいことを考えても意味がありません。

「売上をきちんと立てられるか」。集客ルートをまずは考えましょう。

独立開業する際の資金調達

独立開業するにあたり、自己資金だけでは足りない場合は銀行ローン等を検討しましょう。

融資は悪ではありません。わたし自身、5,000万円弱お金を借りています。

融資を受けたところで金利は年2%、3%程度です。500万円借りても年間の利息はたったの10万円なので、自己資金にある程度余裕があっても借りるべきでしょう。

500万円借りてその2%の10万円も稼げないなら、そもそもビジネスとして成立していないので開業しない方が良いからです。

融資を受ける際の自己チェック

融資は誰でも受けられるものではありません。次のチェックを行いましょう。

  • 自己資金が100万円以上ある
  • クレジットカードを作れる
  • 債務整理や自己破産の経験がない
  • 開業する業種の経験が3年以上ある
  • 税金は支払い済(滞納や未納なし)

これらすべてに✔がつくなら、融資を受けられる可能性があります!

自己資金が100万円以上ある

自己資金が100万円未満の場合、まず融資を受けることがむずかしいです。

自己資金0は論外として、自己資金は、これから始める事業に対する「覚悟の証」だと考えてください。

もちろん、自己資金が100万円未満の場合であっても、よほどの実績があれば借りられる場合はありますが、まず100万円は自身で用意しましょう。

クレジットカードを作れる

クレジットカードを作れるということは、信用能力があるということです。信用情報に傷がついている場合はクレジットカードを作ることができませんし、融資を受けるのはクレジットカードを作るより当然に高い信用情報が求められるため、クレジットカードを作れるかどうかがポイントの一つとなります。

債務整理や自己破産の経験がない

債務整理や自己破産の経験がある場合、まず融資を受けることができません。一度返済できなかった経験を持つ人に対して銀行はお金を貸してくれません。

5年以上経過して信用情報を遡れない場合には借りられることもあります。ただし、年数がたっていても信用情報が傷ついたままのケースや過去に自己破産等の経験があることがバレてしまった場合には融資を受けられない可能性が高くなります。

開業する業種の経験が3年以上ある

これから開業する業種での経験が、できれば3年以上は欲しいです。

ラーメン店を開業するのに今まで飲食店での勤務経験が一切ない場合、美容師として開業するのに半年しか修行していないといった場合、銀行は当然不安に感じます。

そのため、これから開業する業種での経験がどんなに短くても1年、できれば3年以上欲しいです。もし、現在の勤務経験が1年や2年くらいであれば、もう少し長く勤めてから開業するのが良いでしょう。

税金は支払い済(滞納や未納なし)

税金を滞納(支払いが遅れている)していたり、税金が未納(支払っていない)の場合、「お金にだらしない人」と印象づけられてしまいます。

銀行はお金を返してくれる人にしか貸しませんので、確定申告していない人や税金の滞納、未納の人は門前払いされてしまいます。

滞納の場合は、既にすべて支払い済みで、かつ、仕方がない理由であり、真面目な人であればお金を借りられるケースはあります。

独立開業に特別な知識は不要

独立開業するにあたり、セミナー等にせっせと足を運ぶ方も少なくありませんが、無駄なのでやめておきましょう。

「経営に必要なスキルのアップグレードも大切!経営に関する本を読んだりセミナーを受講しないと!」

経営に関する本は確かに勉強になることは多くあります。しかし、本を読んでもセミナーに参加しても1円にもなりません。結局は行動してみないと経験値は増えませんし、売上も増えません。

独立開業に特別な知識は必要ありません。売上をあげて、他に必要なスキルがあればそれは専門家に依頼したり、スキルを持っている従業員を雇用すればOKです。

関連記事:秋田県の起業セミナーに参加する意味がない3つの理由

独立開業に必要な手数料や準備方法

独立開業をする際には、事務所や設備の設置、従業員の雇用などが必要になってくるでしょう。

ここで、資金に余裕が無ければ、まずは従業員の雇用はできる限り抑え、自身が動くこと。そして、設備などもできる限り中古等で費用を抑えましょう。もちろん、削ってばかりではなく、必要なところにはお金をかけましょう。

独立開業におけるリスクと対策

「独立開業にはリスクが伴います。」とは言うものの、リスクなんてたいしてありません。

たとえば、創業融資を法人で受ける場合、代表者の保証がいらないものもあります。つまり、500万円借りて事業を行い、こけてしまったとしても最終的には会社をたたむだけ(もちろん、信用情報に傷がつくので以後お金を借りられなくなります)ですみます。

何なら、独立開業して本気で仕事をしていた人なら、どこの会社でも欲しがります。サラリーマンに戻るだけで良いのです。

もちろん、経営を行ううえでは病気になった場合や資金繰りで困ったときにどうしたら良いか等、経営上のリスクは存在します。

そのため、必要な保険の加入や融資サポートをできる専門家を見つけておくことが大事です。秋田税理士事務所は起業家支援専門の税理士事務所のため、創業融資サポートも行っています。

秋田県で独立開業する人の目的やモチベーション

独立開業をするためのモチベーションは人それぞれです。

何かを成し遂げたいから起業するというのは立派ですが、現実、そんな人はほとんどいません。

仕事に対する不満があったり、自分のペースで働きたいという理由から独立開業を考える人もいます。

わたし自身、独立する方の支援をしたいという考えももちろんありますが、勤務していると「サポートしたくない方のサポートもしなければならない」のが嫌だった、というのが独立開業した理由の一つです。

何十人もの従業員を抱えるのであれば話は異なりますが、1人2人でスタートする独立開業であれば、特別なスキルや経験は必要ありません。まずは売上をたてることが重要です。

それ以外の、税務、会計、融資サポート、補助金申請などは秋田税理士事務所グループの専門家がサポートします。

また、わたし(秋田税理士事務所の代表 坂根)は特にWebマーケティング領域に知見があり、月間20万PVのメディア制作、月間100万円の広告収入(アフィリエイト収入)の発生などの経験があります。

正直、自分1人だけならもはや働かなくても生活していけますが、秋田の起業を応援したいという気持ちと、30人規模の組織を目指して活動しています。なお、ホームページ制作等も提携の専門家がサポート可能です。

秋田県における独立開業のオススメジャンル

秋田県は旅行業や観光業が盛んですが、これらのビジネスを始めるにはかなりのお金がかかります。

一方で、年収1,000万円を目指す程度であれば穴場のジャンルは山ほどあります。

秋田県では競争が弱く、また、東京など大都市から離れているため、強い会社が秋田県に進出しにくい(人口を考えても進出するメリットが小さい)という事情があります。

そのため、たとえば東京で成功している人がいるビジネスモデルを参考に、秋田県に絞って展開するのも良いでしょう。

また、秋田県にいながら、リモートで東京の仕事を請け負う(単価が高い地域の仕事を受注する)というのも一つの手法です。

目指すのが年収1億ではなく年収1,000万円であれば、誰もやったことがないビジネスモデルに取り組む必要はありませんし、競合がいても、自身の対応地域を絞れば十分に実現可能な水準です。

秋田県で独立開業する際の補助金等について

秋田県で独立開業をする場合、補助金を受け取れる場合があります。

ただし、この手の制度は独立開業をする上で支払う費用の一部が、数か月後に補助されるものです。

そのため、必ず手出しでお金が必要です。

また、申請するにあたって、1か月2か月セミナーに参加しなければならなかったり、申請手続きが煩雑だったりします。

補助金を受けなければ始められない程度のビジネスならやらない方が良いですし、ビジネスにおいて1か月2か月もスタートが遅れるのは致命的です。

補助金に頼らず始めることをお勧めします。

地元秋田県で独立開業するなら、秋田県秋田市の秋田税理士事務所グループがサポートします。

\年間400件以上のお問い合わせ/

秋田県会社設立サポート - 秋田市の税理士

\会社設立サポート0円キャンペーン/

月3社限定。会社設立のサポートを0円でサポート、実費のみでOK!専門家に相談+書類作成の代行で、安心して会社設立。

(※会社設立サポート0円キャンペーンは秋田税理士事務所との税務顧問契約が条件です。赤字のため、予告なく打ち切る可能性がありますのでお急ぎください。)

今すぐ会社設立を依頼する

関連記事

  1. 秋田市に会社設立したら法人設立届出書はどこに出せばいい?
  2. 【会計入力不要】秋田県で顧問契約するなら秋田税理士事務所
  3. 売上(年商)5,000万円超は税金が増える!起業に強い税理士が解…
  4. 東京都新宿区:会社設立・起業家応援パック 会社設立費用の相場はいくら?東京新宿区の税理士が解説
  5. 秋田県における集客方法5選を秋田市の税理士が解説
  6. 会社経営が赤字になっても倒産しない理由を起業に強い税理士が解説
  7. 会社設立登記の流れを秋田県の税理士が解説
  8. 合同会社の設立メリットデメリット7選を秋田県の税理士が解説

最近の記事

PAGE TOP