【アフィリエイト収入公開】確定申告はいくらから必要?税理士が解説

悩んでいる人
悩んでいる人

アフィリエイト収入があるんですが、サラリーマンだし収入も大したこと無いので確定申告はしなくてもいいんでしょうか?

アフィリエイト収入は少額であってもサラリーマンであっても確定申告が必要です。

この記事では、発生ベースで月30万円超のアフィリエイターとしての経験がある新宿の税理士 坂根が解説します。

<ポイント>

  • アフィリエイター税理士坂根のアフィリエイト収入の実績を一部公開(2022年1月発生ベースで月30万円超、2021年12月発生ベースで月20万円超)
  • アフィリエイトの確定申告で悩む暇があるなら1記事でも多く書くべき
  • アフィリエイト収入の確定申告を依頼いただいた方限定の無料プレゼントあり
  • 依頼いただいた方限定、AhrefsのDR(ドメインパワー)43*のサイトとの相互リンクOK
    *DR43・・・2022年1月31日時点

アフィリエイトで稼ぎ始めたなら、早く税理士と顧問契約を結びましょう、悩む時間がもったいないです。

弊社では、「今は売上が少ないので勘弁してほしいけど、成長したらしっかり払います」という方限定ですが、業界最安水準の年額13万円からという格安税務顧問サービスをご提供しています。

税務・会計を勉強する暇があるなら、1記事でも多くの記事を書いて成果を上げてください

新宿税理士事務所:月額1万円からの税務顧問

\創業3年以内の法人・個人事業主限定/

創業3年以内限定!月1万円からの格安税務顧問サービス

アフィリエイトについて理解している税理士はほとんどいない

まずはじめに、多くの税理士はアフィリエイトについて理解していません。

なぜなら経験が無いからです、当たり前ですね。

また、多くの税理士事務所では、税理士ではないスタッフ(病院でいうと、医師ではなく看護師)が担当するため、アフィリエイトの話をしても理解ができない方が多いです。

やり取りにかなりの時間を要するか、ヘタすると断られる可能性もあります。

わたしは、専業アフィリエイターの方と比べれば大した金額ではありませんが、初心者ではないレベルには次のアフィリエイト収入があります。

  • アフィリエイト収入
  • noteの販売収入
  • Google AdSense(すぐやめました)
  • Amazonアフィリエイト など

実績を少しだけご紹介します。

2022年1月のアフィリエイト収入公開

すべて発生ベースですが、あわせて307,340円です。

  • アクセストレード219,957円
  • もしもアフィリエイト39,397円(34,653円+4,744円)
  • note38,000円
  • Amazonアソシエイト9,986円

20220131_1月発生アクセストレード219,957円

20220131_1月発生もしもアフィリエイト39,397円

20220131_1月発生note38,000円

20220131_1月発生Amazonアソシエイト9,986円

※過去のアフィリエイト収入

Accesstrade(アクセストレード)_2021年4-6月実績

画像:Accesstrade(アクセストレード)の2021年4-6月実績

4月に27,524円発生、5月に79,048円発生、6月に19,000円発生。順調だったところ、6月にアフィリエイト報酬の発生が減少したのはドメイン移管を行ったため、PVが大幅減少したのが原因です。

20211231_アフィリエイト収入、ステージプロ
時点:2021年12月31日22:48

上記の通り、2021年12月には、発生報酬が約195,000円、ステージも「プロ」です。その他、A8.netなどからの報酬もあわせると発生報酬は20万円を超えています。

このように、アフィリエイトについての理解は深いです。

note

note販売収入(2021年8月19日)

画像:noteの2021年8月19日の販売実績

2021年12_note販売
画像:noteの2021年12月のnote販売収入

noteはアフィリエイトではありませんが、最近はnoteで数千万円の売上をあげる方も増えてきましたね。

数千万円の売上はいきませんが、上記をご覧の通り、わたしも月に30,000円noteを販売したり、1年弱で約20万円販売した経験もあります(上記の他、別途Stripeでの販売もあり)。

わたしは税理士業務で依頼を受けて書籍の商業出版をした経験もありますが、正直、自身で販売できる実力があるなら、書籍の印税収入よりnoteの方が利益にはなると思います。

Amazonアフィリエイト(Amazonアソシエイト)

2021年Amazonアソシエイト

画像:Amazonアフィリエイト2021年の紹介料

年間で315点の商品を販売し、57万円の売上をあげ、紹介料として19,194円を受け取っています。

金額的には大したことはありませんが、ほぼ1ページからの収入で月1,600円の収入のため、それなりの成績だと思います。

わたしは月間10万PVのサイト制作もしましたし、上記のように、初心者では無いレベルにはアフィリエイトについて理解しています。これだけ経験がある税理士は、日本全国さがしても、数えるレベルしかいない(と言うか、いない)と思います。

このような特殊な経験から、税理士業のお客様の中でもアフィリエイターの方が多くいますので、確定申告をご依頼の方はお気軽にご連絡ください。

アフィリエイト収入が20万円未満でも確定申告は必要

悩んでいる人
悩んでいる人

アフィリエイト収入が20万円未満なら確定申告がいらないと聞いたのですが、本当でしょうか?

アフィリエイト収入が20万円未満で確定申告が不要というのは、「所得税」の話しであり、かつ、いくつかの要件を満たした場合に限られます。

サラリーマンの給与収入のみであり、かつ、他の所得(アフィリエイト収入など)が20万円未満の場合など、です。

また、この確定申告不要の話しは、「住民税」については存在しません。つまり、住民税の確定申告はアフィリエイト収入が20万円未満であっても必要です。

確定申告しないと、数年後に罰金を要請される可能性がありますし、もし法人化など、ビジネスを今後考えているのであれば、融資で不利になる可能性がありますので、必ず確定申告しましょう。

アフィリエイト収入の確定申告を依頼いただいた方限定特典

上記のnoteでは、わずか1年半で月間10万PV、Ahrefs(エイチレフス)のDR(ドメインパワー)43を獲得したサイトを作成した実績から、最短でPVを伸ばすための方法を解説しています(有料noteです)。

SEOコンサルタント等に関与していただいた経験もあり、何十万円もお支払いして得た知見も盛り込んでいますので、正直1万円でも安い有益な内容です。

さらに、今回は、アフィリエイト収入の確定申告を依頼いただいた方限定に、上記のnoteを無料プレゼントいたします。あまりに多くの方からお問い合わせいただいた場合は打ち切りますので、ぜひ、今すぐ以下のリンクからお問い合わせください。

新宿税理士事務所:月額1万円からの税務顧問

\創業3年以内の法人・個人事業主限定/

創業3年以内限定!月1万円からの格安税務顧問サービス

(参考)アフィリエイトのASPの特徴解説

皆さんの方が詳しいと思いますが、参考までに、アフィリエイトには、次のようなASPがあります。

  • Accesstrade(アクセストレード) オープン型ASP
  • A8.net(エーハチネット) オープン型ASP
  • バリューコマース オープン型ASP
  • Rentracks(レントラックス) クローズド型ASP
  • felmat(フェルマ)  クローズド型ASP など

クローズド型ASPとは?

オープン型ASPは基本的に誰でも登録することができます。クローズド型ASPは審査があります。通常はクローズド型ASPから招待されるか、既に申請が通っている方から紹介を受けることで入ることができます。

わたしはクローズド型ASPはRentracks(レントラックス)とfelmat(フェルマ)の2つに登録しています。

ただ、別に審査が厳しかったという印象は全くありませんので、今ではほとんどの方が登録できるのではないかと思います。

ちなみに、クローズド型ASPの方が一般的に案件単価が高くなると言われていますが、大差はない印象です。

単価の違いが、単純にオープン型ASPとクローズド型ASPで成果発生時点が異なるだけだったりします。

そのため、わたしはほぼAccesstrade(アクセストレード)のみ使っています(2021年12月時点)。A8だけで月数百万円の方もいらっしゃいますし、正直そんなに変わらないんじゃないかな、と思います。

アフィリエイトの確定申告

アフィリエイトの所得税確定申告には、「成果確定金額(売上)を把握できる資料」と「必要経費」が必要です。

アフィリエイト報酬で売上計上する金額

アフィリエイト報酬で売上計上する金額は、1/1~12/31の成果確定金額です(一般的な見解として、です)。

そのため、2022年1月や2月に入金されたものであっても、2021年12月に成果確定したのであれば、2021年分の確定申告に反映させる必要があります。

漏れていたり、反映させる時期が間違っていると、税務署から罰金を要求される可能性があるので、ここはぜひ理解しておいてください。

アフィリエイトでは何が経費になるの?

何が経費になるかは、専業アフィリエイターか副業アフィリエイターかなどで範囲が異なりますが、一般的に経費になるものは「必要経費」に限られます。

たとえば次の費用です。

  • 記事の外注費用
  • レンタルサーバ代

こういった、アフィリエイト収入を得るために必要なものであれば、基本的に経費として認められます。

一方で、たとえば友人や家族とのプライベートの飲み食いに使ったお金など、単純に領収書があれば経費になるわけではありません

たくさん経費を入れて節税しよう!という誤った情報を発信している人もいますが、やってることは脱税です。言い換えれば、国に対する万引き行為です。

税務調査も申告してすぐに来るわけではなく、数年たってからやってきますので、忘れた頃に、「あんなことしなきゃ良かった」と後悔する羽目になります。そのほか、税金面だけでなく、まじめにビジネスをしていきたい方の場合は融資を受けにくくなったりしますので、税理士に依頼をして、きちんと確定申告をしましょう。

弊社では、「今は売上が少ないので勘弁してほしいけど、成長したらしっかり払います」という方限定ですが、業界最安水準の年額13万円からという格安税務顧問サービスをご提供しています。

税務・会計を勉強する暇があるなら、1記事でも多くの記事を書いて成果を上げてください

新宿税理士事務所:月額1万円からの税務顧問

\創業3年以内の法人・個人事業主限定/

創業3年以内限定!月1万円からの格安税務顧問サービス

関連記事

  1. 新宿税理士事務所 近くの税理士さんに依頼するメリットデメリットを新宿の税理士が解説…
  2. 新宿税理士事務所_税務顧問料金のFV(PC版) 税理士への丸投げ費用はいくらかかる?新宿税理士事務所が解説
  3. 決算書はなぜ作成するの?起業・会社設立に強い新宿の税理士が解説
  4. 中小企業の強みは意思決定のスピードが早いこと:新宿の税理士が解説 中小企業の強みは意思決定のスピードが早いこと:新宿の税理士が解説…
  5. 【ポイント】顧問税理士の探し方がわからない?新宿の税理士が解説
  6. 新宿税理士事務所:月額1万円からの税務顧問 消費税3期目免税の要件と落とし穴を新宿の税理士が解説
  7. パソコン(PC)を買っただけで固定資産税がかかる!神田の税理士が解説 個人事業主の資本金の平均は?0円でもOK?
  8. 新宿税理士事務所 【探さないといない】若い税理士の探し方を30歳税理士が解説

最近の記事

  1. 新宿税理士事務所
  2. 新宿税理士事務所
  3. 新宿税理士事務所
  4. パソコン(PC)を買っただけで固定資産税がかかる!神田の税理士が解説
PAGE TOP