法人設立

一般社団法人の資本金はゼロ?起業・会社設立に強い税理士が解説

悩んでいる方
一般社団法人を設立したいんだけど、資本金っていくらにしたらいいのかな?

一般社団法人の理事を務める税理士の坂根が解説します。

一般社団法人の設立サポートも行っています。お気軽にお問い合わせください。

>>お問い合わせはこちらをクリック

 

一般社団法人に資本金は無い

一般社団法人に資本金の概念はありません。つまりゼロ円です。

株式会社や合同会社と異なり、資本金や出資金として設立時に出資する必要はありません

 

一般社団法人に資本金は無いけどお金は必要

一般社団法人は資本金ゼロで設立できますが、資本金がゼロでお金が無いと全く事業運営が成り立ちません。

そのため、メンバーからのお金でやり繰りを行います。

また、一般社団法人は信用保証協会の保証を受けられませんし、株式会社や合同会社と異なり、利益を得ることを目的とした法人でないため、日本政策金融公庫の融資審査においてもマイナスに影響する場合があります。

そのため、融資を受けにくく、潤沢な自己資金があることが望ましいです。

起業資金はいくら用意すべき?起業時の資金調達について税理士が解説」の記事も参考にしてください。

メンバーが複数いる場合

一般社団法人は資本金がゼロ円であり、自己資金で運営することになる可能性があります。

もし最初から売上がたつようなビジネスモデルでない場合は、だれが経費の負担をするか、設立時に決めておきましょう。

争いのタネになってしまうからです。

 

一般社団法人の設立にはいくらかかる?

一般社団法人の設立費用はいくら?起業に強い税理士が解説」でご紹介している通り、20万円あれば設立自体は可能です。

資本金がいらないため、少額で設立できてしまいます。

ただ、どんなビジネスを行うかによりますが、事業運営を行っていく上では300~1,000万円の自己資金を用意しておくことが望ましいでしょう。

一般社団法人の設立費用はいくら?起業に強い税理士が解説

-法人設立

© 2021 起業・会社設立 税理士メディア